スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iQとVW・up!

 トヨタiQがカーオブザイヤーを獲得したが、これは選考委員などの動向を見れば当然といえる。もしオデッセイが間に合っていれば、乱戦になったかもしれないけれど。
 iQはトヨタのフラッグシップ扱いだが、実際のところは次世代ヴィッツなどの先行モデルとしての役割もあるのかもしれない。現在はフレキシブル・プラットフォームであるから、ホイールベースの延長、全幅の拡大も織り込み済みのはずだ。

 iQは、マイクロミニ・サイズを実現するために何が何でも全長3mに抑えるという制約からスタートし、コンポーネンツやキャビンのパッケージングを行っている。その契機になったのは、もちろんsmartなのだろうが、視野の片隅にはVWのコンセプトカー、UPも入っていたはずだ。
 07年のフランクフルトショーでup!は出展された。全長3.45m、全幅1.63mの4人乗りで、これはマイクロミニ級というよりルポの発展モデルとされている。up!はRR駆動方式で、エンジン、トランスミッションはリヤ・アンダーフロア配置とされている。up!はフル4座席で、しかもシートを脱着することで多様なスペースを生み出すことができる。また、より室内スペースを拡大した、space-up!も東京モーターショーでベールを脱いだ。これは全長を少し長くし、全高を高めてより大きなスペースを実現するというモデルだ。ドアは4ドア+テールゲート。VWはこれらのコンセプトカーは、パッケージングのスタディとしているが、次世代Aセグメントカーとして、開発が行われているはずだ。
 新世代AセグメントはVWか、新ヴィッツ(ヤリス)か、いずれが覇者となるだろうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。