スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキ ワゴンR

 近年の日本で最も販売台数が多いクルマはスズキ・ワゴンRだ。スズキはダイハツと激しい軽自動車市場でのトップ争いを続けているが、実は日本の自動車市場でのトップ争いなのである。ワゴンRの価格ゾーンは100万円で、実はトヨタ・ヴィッツなどリッターカーと価格差はほとんどないに等しいのだが軽自動車はとても強い。
 軽自動車という限られたサイズの中で、最大限の室内スペース、居住性を確保するという狙いで初代ワゴンRは1993年にデビューした。車名のワゴンRは、文字通り軽自動車のワゴンという意味だろう。軽自動車というカテゴリーは5ナンバー車より小さいボディであることは当然なのだが、面白いことに軽自動車は5ナンバー車の流行に左右されてきた。かつて、3ボックスのセダン・タイプやスポーツクーペなども存在したのだ。したがって、初代ワゴンRは、当時流行していたステーションワゴンのトレンドを取り入れたといえなくもない。しかしベースが軽自動車なのだから、ステーションワゴンというよりは2ボックスをミニバン風にアレンジしたデザインになっている。
 このため結果的にはワゴンRは軽自動車の原点に立ち返って、機能性や合理性を再提示できたのかもしれない。限られたサイズの中で居住性やスペース効率を高めるために、ルーフ高さを思い切り高くした。つまりワゴンというよりハイトルーフのミニバンのコンセプトである。そしてけけっきょくこれが軽自動車の本流になるのだ。
 ホイールベースが2335㎜、全幅1395㎜、全長が3295㎜であるが、全高は1640㎜と5ナンバーのミニバンと同等の高さなのだ。乗員の着座状態で考えると全高1640㎜では、乗員の頭上にずいぶん空間がある。また、都市部の立体駐車場では全高1530㎜以上のクルマは使用できないことが多い。そういう意味では過剰なほど全高が高められていたのだ。
 ただデザイン的に見れば、全高の高いスクエアなエクステリアは、軽自動車でありながら存在感を強めるという副次的な効果もあったし、乗員の頭上の広い空間は乗員に頭上の圧迫感がなく広々と感じるという効果があったのだろう。
 このようなハイとワゴンのパッケージングでは、前席の着座姿勢を食堂のイスと同じように足はイスの直前に置き、シートバックを直角に近く背筋を伸ばした姿勢にする、つまりアップライトな乗車姿勢にすることで、室内の前後方向の余裕を生み出す。したがって後席の足元スペースが稼げるのだ。それだけではない。天井は乗員の頭のはるか上にあるため、乗員の頭部回りに開放感があり、広さ感を演出することができるのだ。また着座位置を高めにすることで視界の面でも眺望、視認性が高められている。さらに5ナンバーのミニバンやワンボックスにありがちな床面の高さがないため、乗り降りも楽なのだ。
 もうひとつ、ワゴンRにはアルトのDNAが流れており、徹底した合理性や価格の低減策が取られていることも見逃せない。
 右側の後部ドアのない1+2ドア・ハッチ(通常の4ドア・ハッチも設定)、リヤシートはヘッドレストなしのベンチシート構造といった点は、現実の使い方を最優先しながらコストの低減を実現している。かくしてワゴンRは軽自動車No1に躍り出た。
 98年に登場した2代目は新規格に対応したモデルで、同時にユーザーの主流である女性好みの質感を重視した。ボディは1+2ドアと4ドアの両方を最初から設定。リヤシートは単純な折りたたみ式から座面スライド式のダブルホールディングに改良された。
 エンジンは初代から3代目にかけて、より低い回転でトルクを発生させること、トランスミッションは、ATは3速ATから4速AT、またはCVTへと進化し、扱いやすさと燃費の向上をはかっている。
 ワゴンRはNo1になると同時に、他のライバル車もすべてこの背の高い1.5ボックスのミニバン風ワゴンとして追随した結果、軽自動車はすべて背高ワゴンになってしまったのだ。
 ワゴンRは、今年9月にフルモデルチェンジを行い、4代目になった。従来はキープコンセプトであったが、この4代目ではスズキのデザイン改革路線を取り入れ、ワゴンR独自のデザインテイストにしている。なにしろ他社もすべて同じコンセプトであるためデザイン的な行き詰まりがに直面していたのだが、今回はトールワゴンであることを視覚的に抑えたカジュアル指向のデザインとなっている。初代から継承されていたCピラー部のクォーターウインドウも廃止されている。
d0153_1.jpg

d0153_3.jpg

 もうひとつ、質感の、特にインテリアの質感の向上もテーマであったようだ。また、従来はリッターカーに劣っていた燃費も大幅に向上させている。燃費に関しては、トルク荷重が大きい軽自動車の弱点のひとつであった。どれだけ低速トルクを向上できるか、ギヤレシオをワイドにできるか、という課題は大きくのしかかっている。
 もうひとつ、軽自動車全体にいえることだが、都市圏以外で使用され、女性ユーザーがメインであるという使用条件に拘束されすぎている点をどう乗り越えるか、という点もこれからのテーマである。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。