スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省燃費運転

 ガソリン価格が高騰していることもあって、現在はかつてないほど燃費に関心が高まっている時代といえる。もちろん自動車メーカーも以前から燃費向上技術の導入を進めている。そのため、年々新型車の燃費レベルは向上しているのも事実である。
 燃費はこれまではカタログデータで10・15モードという定められた測定法で計測され、測定時にはモード運転を的確に実行できるプロドライバーが担当している。当然ながらこの測定を相当するためにはかなりのレベルの訓練が必要なのだ。例えば 発進加速でアクセル開度を16/256に保ちながら走行するとか、ATならどの速度域でどれほどスロットルを踏み増しすれば2段飛ばしの変速(ダウンシフト)モードにできるか,などの技能訓練をマスターしたドライバーである。
 一般ユーザーが道路で車を運転する、つまり実用燃費は、10・15モード燃費の70%ていどになるといわれている。
 しかし、ユーザーの実用燃費は、実はそのドライバーの運転の癖によって大きく左右されるのも事実である。独立行政法人が実施している省燃費運転講習会のデータでは、講習前と講習後では10%以上の燃費改善効果が得られるというから、運転の癖を見直すことは重要なのだ。
 では省燃費運転のポイントは何か?
 まず、クルマはできるだけ軽量に。トランクやラゲッジスペースに積みっぱなしの荷物はないか? 積みっぱなしの荷物は燃費を悪化させる存在なのだ。
 走る前には必ずタイヤの空気圧をチェック。指定空気圧より低い状態は論外だが、燃費指向なら指定空気圧より20~30%高める方がよい。空気圧が高ければ、それだけタイヤの転がり抵抗を減らすことができるのだ。空気圧を高めることで、最新のエコタイヤなみの燃費は十分可能になる。
 冷間始動時でも、暖機運転はまったく不要だ。暖機運転、アイドリングはガソリンを垂れ流しているのと同じ。だから暖機運転はなしにして、エンジンをかけたらすぐにスタートする。ただし最初の数㎞は急加速を避けてエンジンやトランスミッション、デフなどを優しく扱う感じで運転すればよいのだ。
 「開かずの踏み切り」のように長い時間の停車を余儀なくされるときは、エンジンを切ることが好ましい。ドイツなどは昔から踏み切りなどでは必ずエンジンを切ることが義務付けられているほどだ。
 走行状態から減速すると時はブレーキを踏んで熱エネルギーに変換して放出するより、エンジンブレーキを長く使う事が重要ポイントだ。
 エンジンブレーキ時、つまりアクセルオフでは燃料カットが行われるので、エンジンブレーキ時間を長く取ることが燃費向上には有利なのだ。ちなみにこれは走行中にニュートラルにする空走より燃費はよい。いうまでもなくニュートラルでは燃料カットを行われないからである。
 一番の議論になるのはアクセルの踏み方、走り方だろう。「ふんわり」とか「急発進、急加速を避ける」といったややイメージ的な表現が多いような気がする。しかし所望の速度まで加速するには必ずしもアクセルをゆっくり踏む必要はない。感覚的には、早めに所望の巡航速度に到達させるということを心がけるほうが実用的だ。
 走り方の基本になるのは、クルマの最も効率的な燃費ゾーンは40㎞/h~80㎞/hとされている。この範囲で巡航(所定の速度でアクセル一定の状態)すれば最も燃費がよいのは当然だが、高速道路などは100㎞/h、市街地でも60Km/hで流れてるような場所では60㎞/hといったように、交通の流れにあわせることも巡航時間を長く取るポイントだ。
 逆に、燃費の悪い走り方とは、急加速で巡航速度を超えたオーバーシュートをする、巡航時にアクセルを一定に保てず、加減速を繰り返す波状運転などである。
 「ふんわり」アクセルというのは、都市部の信号が多い道路では該当する。アクセルを踏み込んでもすぐ先が赤信号では、オーバーシュート状態になるからだ。しかし空いている道路では、必ずしもふんわり加速で、加速時間を長く取るより、速く加速し、より早いタイミングで巡航状態に入れるほうが燃費は有利なのである。
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。