スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アライメント

 最近ではGT-Rが、欧州プレミアムカー並のアライメント整備指定をするということで話題に
なっているが(あまりなっていないか?)、これはある意味で大きな変化である。
 日本車は伝統的に、アライメントに対してはとても大雑把な扱いをしてきた。

 どのメーカーでも、整備要領書では、トーは+3㎜~-3㎜、キャンバー角は基準に対して+_45分といった誤差を認めている。したがって、左右のキャンバーが異なっても片側がプラスで、片側がマイナスでも整備上は問題なしだった。
 まあ、この原因は昔の鉄ホイールの精度の悪さ、車体側のサスペンション取り付け精度の低さがベースになっているのだろう。

 また、車検や点検整備では、アライメントの計測という項目はなく、サイドスリップがゼロに近ければ、つまり直進すればOKという基準であるから、アライメントはあまり整備には関係のない項目なのである。

 だから、販売店の整備工場にはアライメント計測装置がなく、サイドスリップテスターだけというのは周知の事実だ。例えば東京のディーラーなどは集中整備センターを設けているメーカーが多く、大体はこの整備センターにアライメントテスターがある程度だ。
 これはなぜかというと、大きな衝突事故を起こした車の板金修理をした後で、測るためなのである。だから本来のアライメント計測とはちょっと意味が違うのだ。

 一方で、タイヤ販売店、大型パーツ販売店などではアライメントテスターを導入している店がとても多い。
 ちなみに今時のアライメントテスターはレザー光線を使ったりして、かなり高価、確か1000万円ていどするはず。ただ、こうしたテスターは精度が高すぎて細かくデータが出すぎる、かえってメカニックが迷うといった弊害もある。
 また、こうしたタイヤ販売店やパーツ販売店では、テスターがあったとしても、固有のクルマのアライメントに習熟しているかというとそれあ保証の限りではない。
 せいぜい整備要領書のデータしか持っていないだろうし、クルマごとの調整方法も知っているとは思えない。だから計測はできてもうまく調整できるとは限らないのだ。

 ということで、高価なテスターがあるなしに関わらず、アライメントの分野は意外と盲点なのだ。最初に戻って、整備要領書のデータではなく、最良と思われるデータにピンポイントで設定してやれば、そのクルマの走行フィーリングはずいぶん向上する。最良のデータを選ぶのは作業担当者の見識や技術なのだ。

 このピンポイントのデータに合わせるのが本来のアライメントセッティングなのである。
 ただしそのためには、技術、見識、時間(工数)を要する。テスターを使えば計測は瞬時だがセッティング、調整はずいぶん時間がかかるのだ。
 また欧州プレミアムカーなどでは、調整ポイントが多いのも特徴で、それだけセッティングにも時間がかかるし、セッティングの幅も広いといえる。
 確かアウディはキャンバーは+_15分以内、VWゴルフでもほぼ同様であったと記憶している。これに対して、日本車は、トーとキャンバー調整(それも限定された範囲で)だけ調整できるのが普通で、今回のGT-Rのようにキャスター角も調整できるのは珍しいのだ。

 レースカーなどはもともとがピンポイントのアライメントセッティングをするので、もしピンポイントのアライメント調整を行うのなら、レースカーに近いレベルの技術が求められるといえる。

 ところでアライメント計測、調整には定盤、つまり水平面が必要だ。これを検証するには水準器が必須である。
 作業の順番としては、計測(必ずしも最新のレーザー式は必要ない。簡易型のキャンバーゲージや鏡式トー計測器、糸張り整列ゲージでもじゅうぶん)、スラスト角の修正→(キャスターあわせ)→キャンバー合わせ→トー調整→クルマを動かす→計測→走行確認→トーの微調整→走行確認といった工程になる。もちろんこれ以外に、最初に車高計測をするのも基本中の基本である。
 またクルマの種類により、アライメントの重要度も違う。前後では、圧倒的にリヤのトーは重要だし、ミッドシップスポーツカーなどは、リヤのセッティングはレーシングカー同等のレベルで管理しなければならない。フェラーリ、ポルシェなどはアライメント(特にリヤ)が厳格でなければ乗れたものではないのだ。
 凡庸なFF車でも、ピンポイントのアライメント調整をするとずいぶん走行フィーリングは向上する。アライメントは古くて新しい分野なのである。
 

コメント

非公開コメント

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。教えていただいたブログをみたら、なんと五味さんではないですか! へ~、GT-Rを買ったんですね。
すっかりはまっているようです。

ここにもアライメントのことがかかれています

ttp://minkara.carview.co.jp/userid/342878/blog/7291046/#cm
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。