スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース用ハイブリッド

トヨタ・レース用ハイブリッドは2007年のスーパー耐久・十勝24時間レースに出場したスープラHV-Rから始まり、現在ではWECとスーパーGT選手権・GT300クラスのプリウスGT300HVが2本柱になっている。

P1060606.jpg P1060604.jpg

 WECのTS030は当初はフロントアクスルで回生し、リヤを駆動するシステムが構想され、初期のテストではこれが試されたが、実戦ではリヤのモーターで回生と駆動を担当するシステムに絞り込まれた。回生エネルギーを蓄えるのは大容量キャパシターだ。同じくWECで戦うアウディはフライホイール式蓄電ジェネレーターを使用している。これはニュルブルクリンク24時間レースでポルシェが2回にわたって使用し、実績もじゅうぶんだ。

 日本のスーパーGT選手権に出場しているプリウスGT300HVはWECとは異なり、ごく少数のエンジニアが開発を担当している。このGT300マシンは、リチウムイオン電池(プリウスα用)、モーター、ジェネレーター、PCU、電動エアコンはすべて市販プリウス用をそのまま使用しているのだという。
ただしレース車は低負荷走行が存在しないために制御的にはモーターがエンジンをアシストすパラレル式となっている。

P1060611.jpg P1060615.jpg


 レース用は負荷が大きいため、モーターはATFによる液冷式、電池とPCUは水冷とし、その冷却水を電動エアコンで冷やす方式にしている。同時にエアコンはドライバーの冷却用としても使用され、プリウスGT300HVはレース車としては最も快適なドライバー環境になっている。

WEC、スーパーGT選手権ともにハイブリッド車には各種の性能制限規則、バランス・オブ・パワー原則が適用されているので、ハイブリッド・システムが絶対的に有利といえるほどではないのが実情のようだ。

そう考えると、2014年からフォーミュラ・ニッポン、スーパーGT選手権GT500クラスで採用される、4気筒2.0L直噴ターボ・レーシングエンジンの方が面白しろそうだ。これはエアリストリクターではなく世界初の燃料リストリクター(燃料流量制限)方式で、その規制の範囲内でどれだけパワーが出せるかという技術競争の面が面白い。
トヨタ、ホンダ、日産がこのエンジンを供給するというが、テストではすでに550psくらい出ているという。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。