スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMWの現状

BMWはディーゼルエンジンに関しては後発で、1980年代にディーゼルエンジンを投入した。

そして、現在はもはやガソリンエンジンより、ディーゼルエンジンメーカーといえるほどになている。これは日本的な発想では考えられない転換と言えるのではないか。
無論その背景には、ディーゼルの方が売れるというマーケットの実情と、CO2、燃費に有利、低速トルクが強大で
性能的に有利という事実がある。

P1040965.jpg


このため、現在ではガソリンエンジンとディーゼルエンジンの部品の共通化が大きなテーマになっているが、近い内にはシリンダーや補機類など60%以上を共通化する計画だと言う。

その一方で、ハイブリッド・モデルは車種ラインアップの中でトップグレードに位置付けるなど、大胆に拡大普及させる方向性は取っていない。

BMW ActiveHybrid 3のパワートレインレイアウト


それよりは一挙に電動化にシフトする戦略を採用している。つまりEV、PHEVにターゲットを絞っている。しかし現時点では肝心のバッテリーのサプライヤーの選定で若干の不安要素を抱えている。これまでリチウムイオン電池を共同開発してきたアメリカのA123が経営危機に瀕し、行方が不透明になっている。

VWやトヨタはリチウムイオン電池のコストは今後も大幅に下がることはないという見通しを立てているが、BMWはどのような次の一歩を踏む出すのだろうか?

コメント

非公開コメント

No title

トヨタがTHS及びその周辺技術で特許網を構築し、他社はライセンス料を払ってまでハイブリット化せず、特許権の存続期間が終了するのを待っていたフシもあります。

No title

ドイツの高級車メーカーも、大型車であってもディーゼルで来る燃費規制に対応できるのではないかという甘い予想があった。

それはドイツ車至上手技をとる、日本の自動車評判家も同様。ハイブリッドは過渡的な技術であり、ドイツメーカーはそういう技術に頼らずとも燃費規制を満足できる、という甘い妄想。

しかし、実際にはパワフルな車と燃費の折り合いを付けるには、当面ハイブリッドしか無い。それなら高い値段と性能と燃費を両立できるからだ。

従ってBMWやポルシェがハイブリッドに傾くのは当然である。VWやアウディも同様。一方メルセデスのみハイブリッドの対応が遅れている。メルセデスはディーゼル技術に自信があったようだが、現時点ではマツダにも劣るディーゼル燃費技術しか実用化できていない。メルセデスの未来は暗い。

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。