スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォレスターとXV

 フォレスターは今回のモデルチェンジで大きく商品ポジションを変えた。新たなポジションは「オールラウンドSUV」、開発コンセプトは「SUVとしての本質的な価値の実現」で、いわばグローバルに通用する本格的SUVを目指すことになった。

P1050283.jpg
↑NAモデル

 初代、2代目のフォレスターは、ターボモデルをメインにしたクロスオーバーSUVで、ボディサイズはインプレッサとほぼ同等で、全高を1550mm前後、地上高を200mmとしていたが、3代目からはボディを拡幅して1780mm、全高を1670mmとサイズアップしている。今回登場した新型は、全幅が1795mm、全高1695mm、最低地上高220mmとなり、グローバルSUVのカテゴリーの中におけるコンパクトクラスにちょうど納まるサイズになっている。

P1050299s.jpg
↑ターボモデル

 新型フォレスターはプラットフォームも刷新され、センタートンネル径を拡大できたためトランスミッションもようやくワイドなギヤ比のCVT/6速MTにアップグレードすることができた。また、従来からの新世代の自然吸気の2.0L(FB20型)に加え、直噴+ツインスクロールターボの2.0L(FA20型)DITがラインアップされ、パワーユニット、パワートレインがともに最新のスペックになり、この点でも世界に通用するSUVといえる。
 特に新たなフラッグシップ用となるFA20型は280ps、350Nmとこのクラスでも突出したパワー、動力性能を実現し、同セグメントのBMW X3 28iやアウディQ3 2.0を凌ぐ出力を得ている。最もヨーロッパではこのカテゴリーはディーゼルエンジンがが主力で、そのためフォレスターもディーゼルターボを搭載する。

P1050308s.jpg
↑インタークーラーダクトがボンネット内側に移動

 フォレスターは、新たにプリクラッシュ&ドライバー支援システムの「アイサイト」を採用し、駆動方式はAWDのみといった点もこのクラスの中ではユニークな特徴といえる。なおフォレスターのシンメトリカルAWDは高出力のDITエンジンも含み、これまで通りアクティブトルクスプリット式。ただし従来の駆動トルク、車速以外に舵角、ヨーレート、横Gも制御に追加することで新世代化され、大舵角時のタイトコーナーブレーキング現象が抑制され、車両の挙動安定化制御もできるようになっている。

 デザインは正常進化といえる。従来型が保守的なテイストだったが、新型はヘキサゴン+スプレッドウイングのグリルの採用、ホークアイ・ヘッドランプ、Aピラーを前進させたスタイリングはスバルのファーマットを明確にしたといえる。ターボ・モデルはフロントバンパーを専用にしてアグレッシブさを強調しているが、これは従来のボンネット上のエアインテークを廃止したためだろう。エアインテークは視界、空力性能を考慮して廃止し、インタークーラー用のエアダクトがボンネット下側に仕込まれている。


18b.jpg P18_awd_ctrlflow.jpg

 フォレスターは、これまではイメージ的にはクロスオーバーSUV的であったが、今回はオンロードもオフロードもタフな走りができる本格的なSUVのイメージに変化させようと、シャシーのチューニングにも走した要素を盛り込んでいる。
 従来のフォレスターもオフロードでの走りの能力はFFベースのSUVより相当に高く海外市場で高評価を受けていたのだが。

 より本格的なSUVとするため新たに「Xモード」が搭載された。滑りやすい路面やオフロードでセンターコンソールにあるスイッチを押すとXモードがオンになる。Xモードは、アクティブトルクスプリットAWDのクラッチ圧着力を高めて前後輪の締結を強め、4輪独立ブレーキ制御機能を使用してタイヤの空転を抑えるLSD機能、ラフロードでの急坂を下る時の車速を自動的に一定に保つヒルディセント機能を一つのスイッチに集約したものだ。
 このスイッチをオンにすることで、前後の片側輪が完全に空転するような状況でも発進でき、急な下り坂で20km/h以下であればアクセルやブレーキの微調整なしに下ることができるわけだ。
 AWD車でもクロカンはともかく、FFベースのオンデマンド式SUVは急坂、凍結した坂が上れない実例は多い。海外のテスト結果では、旧型フォレスターはこうした能力が高いという点で高評価を得ていたが、今回のXモード装着によりカテゴリーでトップを争う登坂、下り坂性能を持つことになったといえる。

 シートの着座位置は従来型より36mmアップし、一般的なSUVのコマンドポジションとなった。またサイドシルを奥に引っ込め、外側部分はドアで完全にカバーされる点が新しい。泥はねなどによりサイドシルが汚されることがないという利点があり、プレミアムSUVクラスが採用している手法だ。

 新型フォレスターは、ボディサイズだけでなく、パッケージング、走りの質感など多くの面で1クラス上にグレードアップし、アウディQ3やBMW X3をフォーカスした路線は間違っていないと思う。また新たに搭載さした低速トルク型の2.0Lターボエンジンは、SUVカテゴリーの中でも突出した存在だ。メインマーケットはアメリカ、中国だ。

P1050321s.jpg

 フォレスターとともに新登場のインプレッサXVはフォレスターとは逆に都市型クロスオーバーSUVという位置付けだ。ベースはインプレッサ・ハッチバックで、最低地上高200mmとし、225/55R17という大径タイヤを装着する。 全高は、立体駐車場に入る高さにしている。
 このXVが日本では初代フォレスターの代替モデルとなろう。XVは日本より先にヨーロッパ、アメリカ、中国という順で発売しており、各市場で好評を博しているという。カテゴリー的には、日産デュアリスを始め競争相手が多いが、XVは手堅い商品力があるといえる。
 先行したインプレッサがヒット作となりさらにXVが追加されたため、インプレッサ系が全般的に供給不足となり、日本を含め各国のデリバリーが遅れている状態だ。
 インプレッサ系は、大泉工場内でレガシィ/フォレスター系ラインとインプレッサ系ラインでブリッジ生産をし、さらに太田の本工場でもインプレッサ系のブリッジ生産を行っている。しかし本工場は86/BRZのフル生産が2013年初頃まで続きそうで、あまりインプレッサ系が割り込む余地がない。
 中国での現地生産も頓挫しているため、スバルは今後はアメリカのインディアナ工場を拡張する方向と予想される。

P1050492s.jpg P1050482s.jpg

 なお、フォレスターもXVも新世代のプラットフォームを採用しており、局部剛性を大幅にアップさせているので、ボディの固さ感、がっちりしたフィーリングは国産車でNo1だ。また電動パワーステアリングも日本車では珍しいピニオンアシスト式で、正確さとスムーズさは高いレベルにある

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。