スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 ルマン24時間レース



 今年のルマン24時間レースもアウディとプジョーの激突となった。ともにディーゼルパワーでの戦いだ。
 レース規則の変更に合わせて、アウディはR18 TDI、プジョーは908と新型マシンを導入。ともにクローズドコクピットとなり、よりルマンカーらしくなった。また新規則に従いコクピット後方には転倒対策のシャークフィンを備える。
 クローズコクピットにすると、車両規則によりコクピット内の温度調節のためのエアコンが必要になり、そのためエンジン出力を制限するエアリストリクターの径が大径にできるメリットがあるため2メーカーともクローズドコクピットを選択したのだ。

255749_117566841663362_100002301396366_164447_4585736_n.jpg

 エンジンもダウンサイジングされ、アウディはV6、3.7Lとなった。Vバンクセンター排気とし、VGタイプのシングルターボ(ギャレットTR30R)を採用。つまり短い排気マニホールドで排気エネルギーをより効率よく引き出すのだ。出力は540psで、当然ながらV10エンジン時代よりダウンしている。
 その一方で、ウルトラ・ライトウェイト・テクノロジーを開発コンセプトにし、アウディ式のRTM工法によるワンピースのカーボンモノコックを採用し、さらに補機類、LEDヘッドライト、カーボン製ギヤボックスケースなどを含めて徹底的に軽量化を追及した。もちろん最低車両重量(900kg)の規則があるため、軽量化した分はバラストウエイトを積むが、より低重心にしているわけだ。


 
 プジョーの新型マシン、908は従来のV12ディーゼルからV8、3.7Lのツインターボ・ディーゼルとした。出力は550ps。トランスミッションはリカルド製6速シーケンシャル。
 こちらもルマン24時間を迎える前にじゅうぶんなテストを行ってきている。
 アウディとプジョーはエンジン気筒数は異なるが、出力、燃費ともほぼ同等である。

2011y06m12d_224459843.jpg

 
 ルマン24時間レースの予選では、アウディが1位、2位、5位、プジョーが3位、4位、6位となったが、トップから6位までのタイム差はわずか0.6秒だった。つまり実力的にはまったく同等なのだ。



AU110498_small.jpg

 決勝でも当然ながらアウディ3台とプジョー3台の緊迫した戦いとなったが、予想外のクラッシュ事故が発生する。スタート後、わずか1時間でアウディの3号車が接触事故を起こして大クラッシュ。
 また夜11時近くに、1号車が同じように他車との接触により大破した。このため、夜明け前にアウディは2号車のみとなった。

2011y06m12d_224847765.jpg

 これは24時間耐久レースとは言うものの、マシンを攻め続け、遅いクルマをパスするときもためらうことは許されない事態からクラッシュが誘発されたといえる。
 アウディ陣営は、このため一挙に先行きが暗くなっている。
 この結果、3台が健在なプジョーが俄然有利になった。燃費はともに12周/65L(燃料タンク)で、ピット回数に差はない。またプジョーは夜間は路面温度が低いため、4スティント=48周の間タイヤは無交換で走り続けることができた。ミシュランのルマン用タイヤは驚くほど耐久性が高められている。
 アウディはソフトタイヤで12周するとかなり苦しくなるので早めのタイヤ交換する作戦にしている。その一方で、決勝レースのラップタイムはややアウディが勝る。
 このため1台だけ生き残った2号車のアウディがトップを走り、プジョーが同ラップで追走するパターンが夜明けを迎えても続く。
 プジョーは、8号車がピットストップ時の作業規則違反から1分間のピットストップ・ペナルティを受け、7号車は午前9時半過ぎに、ブレーキミスからコースアウトし、フロントを破損。ピットに入って修理を行った。

2011y06m12d_224138671.jpg

 このため、午前10時からゴールまで、実質的にアウディ2号車とプジョー9号車の一騎打ちになった。午前11時頃からはかすかな霧雨が降る。
 アウディとプジョーの戦いはけっきょくレースの終盤まで同一ラップで続けられた。
 午後2時半、2台は相次いでピットに入り、アウディはタイヤを交換し、追走するプジョーは無交換を選択した。
 プジョーは追撃を開始。その差は約7秒。しかしニュータイヤを着けたアウディは逆に差を広げにかかる。このときのペースは、レース中のベストラップの2秒落ちという驚異的なペースであった。
 けっきょく、アウディはトップを守りきって優勝を果たすが、最終ラップまで全力で逃げ、プジョーもまた全力で追っているため、最終ラップでもルマン恒例の編隊パレード走行は行われないという異例の幕切れとなった。アウディとプジョーの差は24時間を走りきってわずか13秒854だった。
 アウディはレース中には大きな危機を迎えながら、10度目の優勝を実現した。

AJPR-11-050-4.jpg

 優勝したアウディ2号車は、まったくのノートラブルだったのも驚異である。
 また270km/hでガードレールに大クラッシュした2台のアウディは、いずれもモノコックは健在で、ドライバーも無傷であったことはワンピース・モノコックが軽量というだけでなく、きわめて高い強度を備えていることを示した。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。