スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ、プジョーのルマン対決

2011 ルマン24時間テストデー

*アウディ



audi_motorsport-110424-0977.jpg


 今年もルマン24時間レースの季節がやってきた。今年は6月11~12日に決勝レース開催されるが、これに先立ってルマン・テストデーが4月24日に行われた。
 今年はニューマシン、R18TDIを3台送り込むアウディ/ヨースト・チームは8時間のテストランを行った。ここでトム・クリステンセンは3分27秒687をたたき出した。
 ルマン24時間レースの車両規則が変更され、アウディは従来のV10 気筒エンジンに換えて新たにV6エンジンを採用し、出力も540psにダウンしている。
 パワーダウンしたこともあって、アウディは徹底的な超軽量化コンセプトを採用することにした。
 超軽量化のために積極的に採用されたのがカーボンファイバーである。
 アウディスポーツの統括責任者のウォルフガング・ウルリッヒ博士は、「カーボンファイバーはボディ構造の軽量化に最適な素材だ。時間と工数をかけてこの素材による超軽量化技術を開発し、ルマンで披露する。長年のモータースポーツ参戦の歴史の中で、軽量化技術は常に課題となってきたが、このR18 TDIの開発を通じて磨いてきた軽量化構造に関する技術は、走行性能の向上や低燃費と低エミッションに貢献するという意味で、将来、の市販モデルにつながる技術だ」と語っている。
 より軽量な車両はより低燃費なので、軽量化技術はルマンを闘う上で非常に重要なポイントとなるのはいうまでもないが、ここでいうカーボンファイバーの技術はF1のような手で貼り込むプリプレグ・カーボンから一歩前進した量産適応できるカーボンファイバー成形技術であろう。
 すでにアウディは、本社内に先端複合材料研究センター(Advanced Composite Research Center)を設立し、カーボン素材を用いた新しいデザイン方法や製造方法の研究を行っている。また傘下のランボルギーニもアメリカにワシントン大学、ボーイング社と共同で「先端複合材料構造研究所(Advanced Composite Structures Laboratory)」を設立した。こうした研究開発の成果のひとつが、コンセプトカーの「セストエレメント」となった経緯もある。
 もちろんルマン参戦車両には規定重量が設けられ、LMP1クラスは900kgとなっているので規定上に軽量化しても規定重量は守らなければならないが、実際の車両はこれより軽くし、規定をパスするためにバラストを積載することで重量バランスや重心低下を行うことができるわけだ。
 カーボンモノコックは何度も設計を繰り返し、初期タイプから最終タイプでは40kgの軽量化が実現したという。
 またV6エンジンは従来のV10に比べ25%の軽量化につながっているという。
 その他では6速ギヤボックスのハウジングもカーボンを採用し、ギヤシフトも従来の圧縮エアから電動式に変更するなど軽量化。LEDヘッドライトも裏面の冷却を不要にした新システムにして軽量化を行っている。
 いずれの点でも市販モデル開発に直結する軽量化技術であることが大きな特徴といえる。
 アウディの超軽量化技術の一つの結果がR18だといえる。

*プジョー



LeMans_Testday_No8.jpg


 プジョーチームもルマン・テストデーに新開発の908を3台持ち込み、8時間のテスト走行を行った。ここで最終的にステファン・サラザンが3分27秒876というベストタイムを記録した。実力はアウディとまさに伯仲である。908はこれまで90Xとして開発されてきたが、正式に908の名称がつけられた。(従来使用されてきたHDi FAPの名称は付かないようだ)
 なお新型908の詳細は未発表だが、すでにテストコースではルマン24時間レースでの走行距離をはるかに越える距離を走り込んでいるという。ボディはアウディ同様にシャークフィン形状のエンジンカバーを装着しているが、これは車両規則によるもの。またフロントタイヤサイズを従来より大径化している。
 エンジンは3.7Lの90度(V12気筒のときは110度)V8ターボディーゼルで、パワーは550psとされている。
 同時に、ジュネーブショーに出展された908ハイブリッドの去就も注目される。ハイブリッド仕様はブレーキエネルギー回生により80psを付加できるシステムを備えている。このハイブリッドシステム搭載は車両規則で新たに追加されたものだ。
 プジョーチームは、この後ベルギーのスパフランコルシャンで行われる耐久レースに参戦し、さらなる煮詰めを行う予定だそうだ。
 
 

 

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。