スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GR6

新型GT-Rのツインクラッチミッションは、GR6という名称だ。
世界的に見て縦置きのツインクラッチ方式は初だろうと思うし、ましてやトランスアクスルにしたのはユニークだ。 
システムとしてはボルグワーナーのツインクラッチ・タイプで、ミッションの製造元は愛知機械だから事実上の内製である。
GR6は変速速度は0.2秒と世界一(日産は、パドル操作からチェンジ完了でトルクが繋がるまでの時間をいう。他メーカーはシンクロ中の時間のみを言ったり、単純にギヤ移動の時間だけなどばらばらの計測表現で紛らわしいのだが)
日産はクラッチ作動用のバルブとシフター一体型ギヤチェンジ用のバルブを別配置にしたり配管を最短にしたりと、レスポンス向上を狙っていることがわかる。また全ギヤがトリプルコーン・シンクロ採用で、バックギヤまでトリプルコーンだそうだが、これもバルブ・シフターの作動を軽快にする狙いだろう。
クラッチは、奇数用、偶数用が各6枚の湿式クラッチだ。縦置きのため、直径をできる限り小さくするために6枚式としたようだ。これだとイナーシャも小さくなるので一石二鳥だ。
とにかくレスポンスを重視していることが分かる。
潤滑は強制潤滑式でギヤはオイルを攪拌しないので、ドライサンプ式と称している。なお駆動抵抗を減らすため、油圧も可変式になっているという。
ETSが従来の油圧式ではなく電磁クラッチ式になったのも油圧の面では楽になっている。

元祖DSGは、もともとエンジンを含め総合トルク制御式だが、どうやら日産は専用制御にしているようだ。
マニュアルモードでは、日産はサーキット走行を前提に、ABSが作動しても変速を受け付けるロジックにしたほか、7000回転でも変速を受け付けるそうだ。この場合はコンマ何秒間かチェンジは待機させるそうだ。

3a_02.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。