スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型メルセデスベンツCLS

ex05_57.jpg


 メルセデスベンツCLSがモデルチェンジを受け、2代目として登場した。
 セグメント的にはSクラスとオーバーラップするが、Sクラスセダンはフォーマルリムジンの性格が強いため、CLSはよりエグゼクティブでパーソナルなキャラクターが与えられたクルマだ。
 パッケージはフルサイズ4座席で、前後席ともラグジュアリーの極み。
 6年ぶりのモデルチェンジとなったW218も基本的にEクラス(W212/207)のプラットフォームを採用している。
 新型CLSは、ヨーロッパでも今年から発売されたばかりで、日本への導入は早期に行われている。ヨーロッパでのラインアップは、250CDI/4気筒、350CDI/V6ディーゼルターボ、ガソリンエンジンが350/V6、63AMG/V8ツインターボの車種があり、日本には350、63AMGの2車種が投入された。V8は日欧ともに今秋頃に追加されるようだ。
 
 
 4ドアクーペの基本フォルムは初代と変わらず、コンセプトも保持されている。
 デザイン的にも新しいメルセデスデザインのトレンドセッターとされ、よりスポーティでダイナミックさを強調し、ボディパネルの面造形の抑揚を強めている。近い将来にはSLKなどにも受け継がれるテイストと考えられる。
 基本フォルムはクーペボディと整合させるためにロングノーズ、ロングテールで、ガラス面積を狭めていることは旧型と共通。このオーバーハングが長いフォルムは退廃的でクラシックなテイストが濃い。
 一方フロントマスクは新しさやダイナミック感を強調したメルセデス・クーペの表情が与えられ、ラジエーターグリルはボンネット一体ではなくセパレート式を採用。ヘッドライトユニットは世界初のオールLEDで全71個のLEDを採用し、点灯時にはかつてないほど鋭い目付きになる。
 サイドボディのエッジ、彫りの深みは従来型より格段にシャープになり、キャラクターラインをくっきり浮き出させている。リヤフェンダーのキックアップするラインは、往年のポントン・メルセデスを思い出させるクラシック感がある。


bodypanel46_02.jpg


 CLSのボディは、軽量化と強度のアップが最も重視されている。
 アッパーボディではアルミ製のボンネット、フロントフェンダー、トランクリッド、リアパーセル以外に、メルセデスでは初のフレームレス・アルミドアが採用された。ドアの骨格は引き抜きアルミ材だ。このアルミドアの採用により24kgの軽量化となっているという。
 フロントマスク、バンパーサポートはアルミパネルと強化プラスチックのハイブリッド構造になっている。
 さらにクラッシュボックスとして機能するフロンドサイドフレームもアルミ製の一体構造としているなど、CLSのボディはアルミ材をかつてないほど多用しており、この技術は他車種にも今後拡大採用されるのだろう。
 ボディパネルの72%は高張力鋼板で超高張力鋼板は8%にのぼり、ルーフサイドフレーム、Bピラーなどに使用されている。これも軽量化と剛性向上を狙っており、鋼板の厚さも全体的に低減されているという。
 ボディ全体では、前後の衝撃吸収性能が従来モデルより大幅に向上されているという。
 振動騒音対策としてサスペンション・クロスメンバーとボディの結合部は特に強化され、振動を吸収することと剛性の向上が両立されている。またキャビンのフロアパネルもレーザー溶接された差厚鋼板を採用して剛性を高めている。センタートンネルはバックボーンとして機能するため、0.7mm、1.1mm、1.55mm、2mmという4種類のパネルを一体化して高い剛性を与えているのも注目される。
 ボディの剛性は従来型に対して曲げで28%、ねじりで6%アップと発表されている。
 またエアロダイナミクスはCd=0.26とトップレベルだ。
 

 シャシー開発の狙いは、長距離ドライブでの圧倒的な乗り心地快適性とスポーティなドライビング性能の両立である。ベースになっているのはEクラスのシャシーであるが、新たにこの最上級セグメント初の電動メカ式パワーステアを採用した。

fsus03_29.jpg

 フロントサスペンションはEクラスと同じ3リンク式ストラットだ。2本のロアリンクとステアリングロッドによる3リンクにより仮想キングピン軸を生成し、ホイールセンターと仮想キングピン軸とホイールセンターのオフセット量を大幅に低減することで、ダイレクトでフィードバックの優れた操舵フィーリングにしている。
 新型CLSはリンクの取り付け位置を改良し、Eクラスよりロールセンターを90mm高め、ロール剛性アップと旋回外輪のネガティブ化を行っている。

rsus4_14.jpg

 リヤサスペンションもEクラスと同じアルミ材を多用した軽量なマルチリンク式だ。従来型CLSのそれと比較し、乗り心地、運動性能のいずれもアップグレードされたらしい。
 標準仕様のダンパーは、セレクティブ(可変)ダンピングシステムを装備。
 エアサス装備モデルは、クルマの運転情報をパラメーターとする4輪独立の電子制御連続可変ダンパーを装備する。またエアサス車は車高制御も行うことができる。
 63AMGはエアライドコントロール・サスペンションが標準で、スポーツサスも選択できる。AMGはよりワイドトレッドで、専用ハブキャリアを採用し4輪がネガティブキャンバーとなっている。
 ブレーキはアダプティブシステムを採用。停止時には平坦路でも坂道でも自動的にブレーキホールドを行う。
 ブレーキキャリパーは前後ともアルミ製。ディスク径はフロントが360mm、リヤが320mmに拡大され、アルミ製導風板も装備。63AMGは前後360mmのドリルドディスクである。AMGはキャリパーもフロントが対向6ピストン、リヤが4ピストンとなる。またオプションでカーボンセラミックディスクも選択できる。


 新型CLSに搭載されるエンジンは、350は新登場のブルーエフィシェンシーV6・3.5L、63AMGがV8・5.5Lツインターボという2種類。今秋にはブルーエフィシェンシーV8・4.7Lも追加される予定だそうだ。いずれのエンジンも新開発のスタート&ストップシステムを備える。そのため強化されたスターターとサブバッテリーを搭載している。
 3.5LのV6エンジンは、新開発のブルーエフィシェンシーシリーズの第2弾だ。

798087_1465266_7016_4961_10A733.jpg


・60度V6 バランスシャフトなし。
・軽負荷時のリーンバーン燃焼
・マルチスパークイグニッション(複数回点火)
・共鳴過給インテークマニホールド
・ピエゾインジェクターによる直噴(最高200気圧)
・最適化された冷却水制御(ウォームアップ時間短縮)
・最適化された油圧制御(可変油圧制御)
・出力、トルクの向上
 ピエゾインジェクター(4気筒版のインジェクターはソレノイド式)は第3世代の5段噴射できるスプレーガイデッドタイプで、最高噴射圧は200気圧。
 エンジンの燃焼は希薄燃焼、通常燃焼が負荷によって選ばれるが、希薄燃焼時でも負荷に応じて補助噴射を行い成層燃焼を生じさせることで安定的に燃焼時間を早めているのが特徴だ。このあたりがスプレーガイデッドの威力か。
 マルチスパークも燃焼中に4回の点火を行い、希薄燃焼時でも安定した燃焼を促進する役割を果たすという。
 なお希薄燃焼は150km/hという高速域まで行われるという。
 この新開発のV6は、詳細は不明だが運動部品の軽量化などによりフリクションは従来型より28%低減されている。
 吸排気カムシャフトは2ステージチェーンドライブ。吸排気カムはともに最大40度の可変バルブタイミング機構を装備。
 このエンジンは306ps、370Nmを発生し、0→100km/hは6.8秒、燃費は6.8L/100km、CO2排出量は159g/kmと優秀なレベルを実現している。特に燃費は従来エンジンに比べ30%低減している。(10・15モード燃費は未計測)
 今後はこのブルーエフィシェンシーV6がメルセデスのメインエンジンとして拡大採用されるのだろう。
 それにしてもずいぶんコストが上がっていると思われる。それだけに、今後は日産車にも搭載される可能性が大きいのではないか。
 

amgV8.jpg

 63AMGのエンジンは、5.5LのV8直噴ツインターボで、最高出力525ps(パフォーマンスパッケージ仕様は557ps)、最大トルクは700Nm(パフォーマンスパッケージ仕様は800Nm)で、ダウンサイズしながら従来の6.3Lを上回る出力を発揮する。0→100kmは4.4秒。
 その一方で燃費は9.9L/100km、CO2排出量は231g/kmと従来より32%向上させている。
 このV8ターボのインジェクターもピエゾ式を採用。圧縮比は10.0と高いものの最高過給圧は1気圧(パフォーマンスパッケージは1.3気圧)だ。
 なおAMGエンジンはライナーレス構造のシリコン含有シリンダーで、204kg(ドライ)ときわめて軽量に仕上げられている。組立はハンドメイドされる点は従来どおりだ。
 トランスミッションは、V6エフィシェンシーは7Gトロニックプラスを搭載する。従来からのこのATはトルコン、油圧制御回路が改良され、変速レスポンス向上や振動騒音の抑制を実現。スタート&ストップの採用に合わせ電動油圧ポンプも装備。
 またECOモードスイッチを押すと、エンジン回転を抑えるように変速制御が働くようになっている。また新ATFの採用によりATFのライフは5万kmから12.5万kmにまで伸ばされた。
 63AMGはトルコンの代わりに電子制御油圧多板クラッチを採用したMCT-7を搭載する。小径の多板クラッチを採用しているためスリップロスを抑え、慣性が小さいためハイレスポンスの変速を行うことができ、スリップロスをほとんど生じないのでDCTに匹敵するスポーツトランスミッションとしている。
 MCT-7はハウジングをマグネシウム製とするなど軽量化も追求し、重量は80kgときわめて軽量である。
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。