スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Polo GTIとTSIハイライン

P1020144.jpg



*ポロTSIハイライン
 新型ポロは2009年秋に登場したが、その時点では旧モデルから引き継いだ1.4Lエンジンを搭載していたが、2010年6月のマイナーチェンジで本来計画されていた1.2Lにダウンサイズした新開発ターボエンジンに換装された。
 今回試乗したのは、上級装備のハイライン。
 
 歴代のポロは、GTIを除けば同クラスの日本車に比べても非力なエンジンと4速ATを搭載していたので、コンパクトさや取り回しのよさ以外ではかなり地味な存在だった。
 しかし全長3.8mを切り全幅も1690mm以下のコンパクトボデにもかかわらず、日常のドライブでボディの小ささを感じないどころか、分厚い鉄板で作られた大型車に乗っているような安心感や安定感が感じられたことが同クラスの日本車と大きく違う点だった。
 現在のモデルが登場し、新開発のダウンサイズ・エンジンや7速DSGが採用されると、ポロの位置付けは2段階ほどアップしたような印象を受ける。
 同クラスのクルマからは突出した高性能、優れた燃費と俊敏な走りを両立させ、クルマの質感も大幅にアップされたからだ。
 デザイン的にも従来のいくらか女性好みの愛嬌のあるエクステリアから、シンプルで引き締まった強い存在感のあるフォルムに生まれ変わった。

ハイライン146

 
 4気筒、1.2Lターボエンジンは従来より排気量が小さくなったにもかかわらず低中速トルクが強力で、4000回転くらいまで完全にフラットで滑らかだ。
 小型のマニホールド一体型ターボを採用し、ターボであることさえ感じさせず、市街地ではDレンジですぐに6速、7速に入る。当然ながら高速道路での巡航でも100km/hで2000回転という上級車なみの回転数であり、実用燃費はハイブリッドカーに肉薄するレベルになるはずだ。
 乾式DSGの熟成も文句なしのレベルにあり、エンジン特性と合わせて誰にでも使いやすい仕上がりだと実感した。
 
 乗り心地、ハンドリングは過去のモデルよりさらにダイレクトでしっかり感が高まり、同時にアジリティもアップされている。以前のモデルはもう少しルーズでゆったりした安安心感があった。それに比べて新型は俊敏性やしっかり感が強まったように思われるが、これは近年のドイツ車全般の傾向ともいえるかもしれない。
 路上でのボディの動きはピッチングを抑制したフラットな乗り心地で、フリクションが感じられない適度なストローク感やしっかりとしたシートの作りなど、これなら長時間ドライブでの疲労が少ないであろうことも想像できる。
 乗って走るフィーリングは硬質で、軽量だが硬い殻の中で運転している感じだ。
 室内の仕上げや材質感ももちろんクラスを飛びぬけている。今やこれ以上のクラス、Cセグメントでもダッシュボードにソフトなウレタン表皮を採用しているクルマはほとんどない。また本革ステアリングホイールの楕円断面形状なども疲れにくくグリップしやすいなかなかよく考えられた仕上げだ。
 こうした高精度の内装の仕上げはオーナーは満足感を与えると思う。
 ただインテリア全体の色調やデザインがビジネスライクな点は、VWらしいといえばそれまでだが、息抜きが欲しくなる。
 価格はハイラインが242万円で、ベース車のコンフォートラインの213万円より30万円高いが、装備的にはフル装備といえる。コンフォートラインでもESC、フルエアバッグなど充実装備で、こうした装備が含まれていることを考えると戦略的な価格設定といえるし、割高感はない。
 こんなこともあって、新型ポロを購入したユーザーの70%は日本車からの乗り換えという点はなるほどと思う。



GTI_751.jpg
 
*ポロGTI
 
 ポロGTIは、1.2Lエンジン車より3ヶ月ほど送れて登場した。
 GTIはゴルフ・ハイラインと同じ1.4Lツインチャージエンジンを搭載する。ただし、ポロGTI専用にチューニングされ、ゴルフ用よりパワーは179psと19psアップ、トルクも10Nm大きくなっている。
 同じGTI同士で比較するとゴルフGTIの馬力荷重は6.64kg/ps、ポロGTIは1210kgの重量で6.76kg/psと動力性能はかなり接近し、過去のポロGTIより格段に高性能になっている。

GTI_5.jpg

 エンジンのフィーリングも専用チューンされただけあって吹け上がりのレスポンスが高められ、アクセルを踏み込むほど高まる排気音も高揚感を高めるスポーツチューンが行われている。
 またローダウンされたスポーツ・サスペンション、サイドサポート性を向上させたシート、電子制御LSD(XDS)など仕様も本格的だ。
 つまり単にパワーの大きいエンジンを積んだだけではなく、スポーツモデルとしてのきめ細かいこだわりも相当なものだ。
 他のモデルではエンジンルームに搭載されるバッテリーも、GTIのみはリヤのスペアタイヤ下に収納される。操縦性に配慮した配慮もその一例だ。
 ハンドリングは、ダイレクト感と正確さがベースモデルに比べて一段と高められ、S字カーブなどでの身のこなしは特に印象的だ。
 タイヤは215/40-17サイズのハイパフォーマンスで、スポーツサスペンションとの組み合わせで固めに感じるが、ハーシュネスはしっかり押さえ込まれている。またダンパーの減衰のレスポンスがよく、ボディの動きの収まりも早い。
 ステアリングのフィーリングは、ハイラインよりさらに路面インフォメーションがしっかりと手ごたえとして伝わってくる。
 GTIワインディングを気持ちよく走るパフォーマンスだけが強調されがちだが、GTIと名乗るように、長距離走行でファンツードライブを楽しめるポテンシャルも忘れてはいけない。
 
 ギヤの減速比は標準ポロよりやや低目の設定だ。Dレンジを選んでおけば実用域では6、7速に早めにシフトされる一方で、アクセルを踏み込むと強くレスポンスのよい加速感、盛り上がるスポーカーサウンド、そしてよりダイレクトなステアリングフィールなど体感フィーリング、スピード感などあらゆる面でドライバーを駆り立てるテイストを満載している。動力性能的にも文句なし。

 ただ通常走行時でのロードのイズの入り方や室内の静粛性などはゴルフより1ランク下だと思う。
 しかしドライバーが気持ちよいと感じるスポーツ感や広い意味での快適さ、充実した装備などを考えると、コストパフォーマンスは相当に高いといわざるをえない。GTIの競合車を考えるとアルファロメオMiToしか存在しないと思う。
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。