スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VWトゥアレグのモデルチェンジ

00004554_s.jpg

00004512_s.jpg
 

 VWトゥアレグがフルモデルチェンジを受け、2月上旬から発売される。
 トゥアレグは、VWのラインアップの中ではプレミアム・セグメントに位置するフルサイズSUVだ。
 トゥアレグはポルシェ、アウディとの共同開発により生まれ、共通のプラットフォームはスロバキアのVWブラチスラヴァ工場で生産される。アッパーボディの組立は3社それぞれの工場で行い、ポルシェ・カイエン、アウディQ7、VWトゥアレグとなるシステムになっている。プラットフォームはFRレイアウトだ。当初はVWの商用車プラットフォームを利用するとされていたが、より高性能を追求するため専用プラットフォームの開発が決定されたという経緯がある。
 
 今回のモデルチェンジで2代目となり、プラットフォームから細部まで大幅に変更されている。
 もともとトゥアレグの開発コンセプトは「3in1、つまり本格的オフロード性能、スポーツカーの走り、高級車の乗り心地・快適性を1台のクルマにまとめ上げたこと」。新型トゥアレグもこの基本コンセプトを継承しつつ、先進技術を採用したより高い安全性、優れた走行性能と高い環境性能の両立、高級セダンに匹敵する快適性を実現することが今回の開発テーマになっているという。
 またエクステリア・デザインも変更され、デザイン担当取締役のワルター・デ・シルバが牽引する現在のVWグループのデザイン哲学を取り入れ、水平基調のラインをを生かしたクリアな簡潔さを前面に打ち出し、その中で精緻さや力強さを盛り込んでいる。
 ワルター・デ・シルバは、「新型のデザインはVWブランドの基本的なデザイン要素を盛り込み、優しく、親しみやすいもので、尊大さや攻撃性とは無縁」と語っている。
 つまり大型SUVにありがちな攻撃的な威圧感のあるデザインを排して、高い技術や実用性をエレガントに洗練したというのだ。
 
 エンジンのラインアップも大きく見直された。
 日本に導入されるのはV6の3.6L・FSIとV6・3.0Lスーパーチャージャー付きTSIハイブリッドの2種類で、ハイブリッドは従来のV8に置き換わる。
 日本以外では、V6とV8のTDIもラインアップされV10は消えた。つまりシリーズ全体としてダウンサイジングをはかっていることがわかる。

DB2010AU00107_small.jpg
↑3.6L FSI

DB2010AU00258_small.jpg
↑ハイブリッド用3.0 TSI

 3.6LのV6エンジンは従来どおり狭角のVR6だが部品は全て新設計で、可変ウォーターポンプ(始動後110度に達するまでポンプは作動しない)、スタート&ストップ、ブレーキ回生を採用。燃費は従来より38%アップ。ブルーモーションの名称が与えられている。出力は280ps。0→100km/hは7.8秒、最高速は228km/h。
 一方、新登場のハイブリッドは3LのV6エンジンで、これはアウディS4で使用されている90度V6・TSIだ。シリンダーバンク中央にスーパーチャージャーを配置。このエンジンは333psの高出力型である。
 このエンジンにはクラッチを介して34.3kW(46ps)のモーターを組み合わせたパラレルハイブリッドシステムとしている。
 システム最高出力は380psで、従来のV8エンジンを上回るパワーだ。このため、V8並みの出力、直4並みの燃費をセールスポイントにしている。

00004547_s.jpg

DB2010AU00115_small.jpg

 ベースとして大トルクの高出力エンジンを選択、パラレル式にしているのは、アメリカやヨーロッパではキャンピングカーを牽引するケースが多いことと、ハードなオフロード走行を想定しているからだ。最高牽引重量は3.5トン。
 エンジンとモーターの間にはクラッチがあり、これを切断することで走行中でもエンジンを停止でき、モーターのみのEV走行、高速走行中のアクセルオフ時にはコースティング(滑走)走行ができる。
 そのため、走行中のエンジン始動時にはモーターの回転をエンジン回転数と同調させる制御を行い滑らかにクラッチを接続する。

DB2010AU00113_small.jpg

 モーターとクラッチユニットは、直径400mm、全長145mm、重量は55kgと軽量、コンパクトにまとめられている。
 もちろん、スタート&ストップ機能、ブレーキエネルギー回生機能も持つ。
 サンヨー製のニッケル水素バッテリーはリヤのスペアタイヤのスペースに収納される。電池性能は240セル、288V、1.7kWh。VWは多くの電池メーカーと提携しているが、サンヨーの規格型の電池は実績とコストの観点から選択されたようだ。電池は2個のファンとキャビン内気の導入により冷却される。なお12V補助バッテリーは助手席下に収納している。ニッケル水素電池のシステム重量は79kg。

DB2010AU00383_small.jpg

 EVモードでは50km/hで2kmの走行が可能。ハイブリッドシステムとしてはエンジン走行モード、エンジン+モーターによるブーストモードと、コースティングモードの合計4モードとなる。
 ハイブリッドの燃費は、同等のサイズのSUVに対して都市モードで25%、高速都市混合モードで17%低減できるとされ、CO2排出量は193g/km。
 10・15モード燃費は13.8km/L、ヨーロッパ混合モードでは12.2km/Lと、フルサイズSUVではトップとなっている。
 ハイブリッドモデルの動力性能は、0→100km/hが6.6秒、最高速は240km/hに達する。
 
 トランスミッションはこれまでの6速ATから8速ATになった。このユニットはアイシン製で、レクサス用を強化したのだろう。最大トルクは850Nmに対応できる。このクラスでは初の8速ATである。ZF社にも最新のハイブリッドシステムに対応する8速ATがあるが、やはりコストの観点からアイシンが選択されたと見られる。
 ギヤ比は6速が直結で、7~8速はオーバードライブ・ギヤ。クロス&ワイドなギヤ比とし、低負荷では積極的に6速以上の高いギヤ比を使用する設定だろう。最高速は6速でマークされる。

 またこのユニットはスタート&ストップ用に電動油圧ポンプを装備している。また大トルクに対応してトーショナルダンパーも装備。
 燃費対策としてATFのウォーマー&クーラーも装備。
 ハイブリッドの場合は、走行中のエンジンストップ→始動ではトルコンのロックアップクラッチをロックさせ、モーターとの同調を行うようになっているようだ。

P1020114.jpg

 4WDのトランスファーは、2種類が用意されている。ハイブリッド用はトルセンセンターデフを使用し、4輪電子制御デフロックと組み合わされるトルセン式(前後配分40:60)はライトデューティ向けとされ、最大登坂角は31度。このトルセン式の名称は4モーションとされる。
 一方、従来型通りのヘビーデューティ向けは、前後輪とも0~100%トルク配分できロック可能な電子制御多板式クラッチ+減速センターデフギヤ(ギヤ比2.69、基本配分は40:60)を持ち、4X(エックス)モーションと呼ばれる。減速ギヤ比を使用する場合はセンターコンソールのスイッチを押す。デフロック可能なリヤデフはオプション設定。4Xモーションの場合は最大登坂角は45度。
 もちろんいずれの4WDシステムでもスイッチによりESC/ABS/ASR/ヒルデセントなどの制御はオフロードモードに切り替わる。
 トゥアレグは初代の開発時から、都会的な外観とは裏腹に軍用車並みの本格的オフロード性能が与えられているが、今回の新型もそのまま継承されているわけだ。

angle.jpg

 
 サスペンションは、前後ともダブルウイッシュボーン式で、前後のアッパーリンクとりやアクスルがアルミ製に。またハイブリッドモデルはエアサスペンションが標準で、V6モデルにはオプションとして選択できる。
 シャシー全体の軽量化は47kgにもおよび、運動性能、ハンドリング、乗り心地も向上しているという。またエアサスの場合は、ロードクリアランスを300mm(標準モデルは220mm)にすることができる。
 シャシーだけではなく、ボディ全体の軽量化も徹底している
 パワートレーンで52kg、シャシーで71kg、その他で18kg、ホワイトボディで67kgの軽量化を果たし398kgになったという。ボディは、テーラードブランク(差圧溶接鋼板)、ホットプレスによる超高張力鋼板をサイドパネルに全面採用などにより大幅な軽量化と強度剛性の向上を両立させている。静的ねじり剛性は24800Nm/度とクラス最高を誇り、従来型より5%アップした。アウターパネルではボンネット、リヤゲートはアルミ製だ。
 
 プレミアムSUVセグメントにふさわしく、ロールオーバーセンサー、タイヤ空気圧モニター、4個のカメラを使用し360度の視界を持つアラウンドビューカメラ(エリアビュー)などの標準装備の他に、ハイブリッドモデルは、2個のミリ波レーダーを使用した前車に完全に追随するアクティブクルーズコントロール/フロントモニタリング(プリクラッシュシステム)フロンカメラを使用したレーンキープアシスト、レーダーを使用したレーンチェンジアシスト(死角からの後方車両の接近警報システム)、超音波を使用したパーキングアシストなどドライバー支援システムをフル装備している。

P1020100.jpg

ドアゴムシール

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。