スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサスCT200h雑感

cthj1101_111.jpg

cthj1101_114.jpg

 1月12日に、レクサスブランドで最も小型のCt200hが発表された。
 このモデルの原型は2009年のフランクフルトモーターショーに出展されたレクサスLF-Chだが、市販モデルはCt200hとされ、ヨーロッパでは2010年末に発売されている。
 2011年初頭から日本、アメリカ市場での販売を開始したわけだ。


 Ctの意味はクリエイティブ・ツーリングの意味で、コンセプト的にはヨーロッパのプレミアムCセグメントがターゲット、具体的にはアウディA3だろう。
 そのため5ドア・ハッチバックというCセグメントの基本パッケージを踏襲しているが、レクサスらしさを演出するために複雑な面構成を採用しレクサスらしさを強調している。
 曲面の組み合わせはとても複雑で、レクサスのデザインテーマも盛り込んでいるため、やや過剰なデザインになっている印象だ。
 パワートレーンは、プリウスなどと同じ1.8Lエンジンとリダクションモーターを組み合わせたハイブリッドシステム(THSⅡ)を採用しているが、ヨーロッパをメインターゲットとしているためより正確でしっかりしたハンドリングの性格付けが行われている点がプリウスとは異なる。

パッケージ

 
 プラットフォームはHS250hと共通。HSはホイールベースが2700mmだがCtは2600mmと少し短縮され、全幅も20mm狭い1765mm。ボディサイズとしてはCセグメントのど真ん中になっている。全高はHSの1505mmに対して1460mm(シャークフィンアンテナが20mmで、実質は1440mm)と低められており、ライバル車と同等といえる。
 エクステリアデザインでは、キャビンのガラス面積を狭めることでロアボディの安定感や姿勢の低さを強調しているが、実際の全高はライバル車より低いわけではない。
 エクステリアのドアのあわせ目はゴムシールや段差処理を採用して隙間感を低減し、サイドボディの一体感を作り出しているのはライバル車と同じである。
 インテリアのパッケージングはフォワードキャビンを採用せず、Aピラーは通常の位置にある。デザイン的にはロングルーフでキャビンの後方を強めの平面絞りとしているのが特徴。エクステリアでサイドショルダーの張り出し、タイヤの位置をフェンダーパネル面にそろえるなどにより安定感を作り出している。
 インテリアでは、ドライバーを取り囲むメーター類やスイッチ類の配置と、左右を貫く水平基調のダッシュボードを組み合わせる。

cthj1101_081.jpg

 またシート造形も、従来にはないほどサイドサポートを高くしている。サイドサポート内部には金属芯を入れ剛性を高め、スポーツ性を強調。こうした点も相当にヨーロッパ市場を意識していることがわかる。
 インテリアの質感では、ダッシュボードのソフトタッチ化や艤装の仕上げ、シート生地や縫い目の質感の向上などプレミアムCセグメントを意識しているが、仕上げはライバル車に一歩及ばずといったところだ。
 ボディの軽量化のために、ボンネット、リヤハッチドア、サスペンションリンクの一部はアルミ製に。
 ヨーロッパの道路を意識し、空力も徹底追及されCd=0.28を達成。

chengine.jpg

  1.8Lのアトキンソンサイクルエンジン(2ZR-FXE)、リダクション機構付きモーター、ニッケル水素電池など、ハイブリッドシステムはプリウスとまったく同じだが、制御ソフトは変更を加えている。ダイナミック性能を強調するためもあって、ドライブモードセレクトを新たに採用し、ECO、ノーマル、スポーツをダイヤルで選択できるようになっている。
 スポーツモードを選択すると、通常は500Vの駆動電圧を650Vまで電圧を高め、ブーストアップ効果を引き出す。またこのモード選択に合わせてメーターパネルの照明色が変化し、同時にECO、ノーマル時はハイブリッドシステムインジケーターがスポーツモード時はタコメーターに変化するようになっている。
 このドライブモードセレクトと別のスイッチでEVモードも選択できるので、走行モードは4つとなる。

ドライブセレクト

 トランスミッションは遊星歯車によりエンジンとモーターを結合した無段変速であるが、Ct200hはパドルシフトを設け、6段変速を擬似的に設定している。ギヤシフトでSを選択すると6段の各ギヤが固定されるマニュアルシフトとなり、Dレンジではパドルを操作することでエンジンブレーキが得られるようになるため、プリウスなどより積極的なドライビングを体感できるようになっている。
 なおシステム最高出力は136ps(エンジン=99ps、モーター=82ps)。10・15 モード燃費はベース車が34.0km/L、標準装備車が32.0km/Lで、この差は車重も違いによるものだ。
 最高速は180km/h、0→100km/hは10.3秒。ヨーロッパ混合モードでのCO2排出量は96g、同じくヨーロッパ混合モードでの燃費は24.4km/Lと公表されている。THSⅡの実燃費は10・15モード値とは乖離が大きく、むしろヨーロッパ混合モードが実燃費に近いと思う。

 なお燃費を高めるため、従来から採用されている排気熱再循環システムの他に、室内用の湿度センサーを採用。湿度センサーで室内の湿度をチェックし窓の曇りを発生させない範囲でできるだけ内気循環をさせエアコンの負荷を抑えようというものだ。
 
 シャシーの開発の狙いは、俊敏で一体感のあるハンドリングと快適な乗り心地の両立で、従来のレクサス車に比べ、相当にアジリティを重視している。
 そのため、アンダーフロア面の結合剛性の向上などにより特に平面曲げ剛性を高め、さらにサスペンション入力部の局部剛性をアップ。

アンダーボディ

 サスペンションはフロントがストラット式、リヤはダブルウイッシュボーン式。
 さらにハンドリングの質感を高めるために、フロントは左右タワー部、リヤは左右ダンパー取り付け点にパフォーマンスダンパーを装備している。
 パフォーマンスダンパーはヤマハが特許を持つダンパー付きの補強ロッドで、ボディの減衰性と剛性の向上を両立させようという狙いだ。
 この他に、コーナリング初期のエンジンの横ズレを防ぐサイドストッパー付きエンジンマウントなど細かな技もハンドリングの向上のために採用している。
 そして、ハンドリングをより重視したスポーツモデルとして、Fコンセプトを取り入れたF SPORTグレードが設定されている。F SPORTは専用のスポーツサスペンションを持つ。
 
 Ct200hはレクサスブランドとしては最も小型のエントリーモデルになるが、デザイン、安全性装備、走りのコンセプトなど、まさにターゲットとするプレミアムCセグメントに真っ向勝負をかけたという点で興味深い。国内価格は300万円代後半~400万円代で、ゴルフGTIと同等レベル。市場での評価が興味深い。

 
 
 

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。