スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IIHS試験で最高評価獲得を得た日本車

 このほどアメリカの非政府組織IIHS(ハイウェイ安全保険協会)から2011年モデルのトップセーフティピックス(安全性最高評価獲得車)が発表された。
 IIHSはNHTSA(政府運輸省道路交通安全局)と別に独自の大規模試験施設を持ちアメリカ市場で販売されるクルマの衝突試験を行ってその結果を公表している。
 2010年からは従来の64km/h前面オフセット衝突、50km/h 側面&後面衝突出の評価に加え、車両横転を考慮したルーフ強度試験も追加されたが、これらで全て最高評価(Good)を獲得し、なおかつESCが装備されていることではじめて最高評価車(トップセーフティピック)として認定される。
 
 
 
 トップセーフティピックはカテゴリーとして大型セダン、中型セダン、小型セダン、ミニカー、ミニバン、大型SUV、中型SUV、小型SUVという8カテゴリーにわけて発表される。
 日本車では・・・
・トヨタ:アバロン、カローラ、シエンタ、ハイランダー、ヴェンザ、サイオンtC、サイオンxB、レクサスRX
・日産:インフィニティM37/M56、キューブ
・ホンダ:シビック、エレメント
・三菱:ランサーセダン
 ところがスバルはアメリカで販売している全車種がセーフティピックスを得たのだ。
・スバル:レガシィ、アウトバック、フォレスター、インプレッサ、トライベッカ

 スバル全車種が最高評価を得たのは画期的で、現時点で全車種が最高評価を得ている唯一のメーカーとなっている。
 スバルのボディは新環状力骨構造コンセプトを取り入れたボディで、日本のJNCAPでも好成績、グランプリを得ているが、IIHSの試験結果でも優秀性が立証されたといえる。
 特に2010年からIIHSで実施されたルーフ圧壊テストでも新環状力骨構造を取り入れたAピラー、Bピラーが有効であることがわかる。
 なお、2011年トップセーフティピックではヒュンダイ/キアが大幅に躍進し、合計9台が選ばれているのが注目される。

コメント

非公開コメント

日本車の比率が低いのでは

 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。今年もよろしくお願い申し上げます。

 IIHS(ハイウェイ安全保険協会)のセーフティピックスについて調べてみました。
 アメリカに進出している日本車は、スバルは別として、セーフティピックスを得ている車の割合が低いように見えるのが気になります。

 ドイツ車(特にVWグループとベンツ)とヴォルヴォが良い成績を挙げており、韓国車の躍進が目立つ中で、日本車の安全性の確保は重要な課題になりそうです。

 本当の所は判りませんが、一説によると、日本車には台車試験機と実事故での衝突安全性の落差があるという話もあります。外国車側の宣伝かもしれませんが。

 安全性というのは、素人には判断の難しい問題ですので、技術と歴史への造詣の深い貴ウェブログで学んでいきたいと思っています。
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。