スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産と三菱自動車

 12月14日、日産と三菱自動車が事業協力関係を結ぶことが発表された。
 これは、今年一番のビッグニュースかもしれない。
 
 両社で合意された内容は次の通り。
○OEM分野
 ・日本市場で日産の小型商用車を三菱に供給。
 ・中東市場用に三菱のSUVを日産に供給。
 ・日本市場で日産の上級セダンを三菱に供給(未決定事項)
 
○今後の検討項目
 ・三菱のタイ工場で日産ナバラ(小型トラック)の生産、および将来的に両社で1トン暮らすのピックアップトラックの共同開発、生産協力。
 ・日本市場向け軽自動車の商品企画・開発を合弁会社の設立。
 
 OEMに関しては、両社のラインアップを補完する形だ。日本市場用の商用車は従来から
日産ADバンをランサーカーゴとして販売していたが、今後はNV200バネット、キャラバンなども供給されるのだろう。
 中東市場向けSUVとはパジェロを意味するのではないだろうか。日産はヘビーデューティSUVを持っていない(サファリは2007年に販売終了し、中東向けのみ生産中)ので、これは好都合だ。
 日本市場での日産の上級セダンの三菱OEMは、スカイラインかそれともフーガか? たぶんこれから詰めることになるのだろう。
 
 一番注目されているのが、軽自動車の共同開発案である。
 日産はこれまでスズキからルークス、モコ、三菱からオッティ、キックス、クリッパー
/クリッパーリオのOEM供給を受けている。つまり日産にとって、今や軽自動車市場で販売台数が多く、はきわめて重要な車種になっているのだ。
 しかし販売台数が多いだけに、これまでのOEMでは供給される台数、仕様などの制約が多かったと思われる。
 新たな協力関係をテコにして、日産はスズキからのOEMを止め、三菱に一本化すると同時に商品企画・開発段階から協力することは大いにメリットがあるのだ。
 また、共同開発した軽自動車プラットフォームを利用して新興国向けAセグメントカーを開発する可能性も噂されている。
 
 三菱は100万台体制を維持しているが、これは自動車メーカーとしてはきわめて厳しい環境といえる。自立を目指すには生産台数が少ない。海外ではロシアでは成功しているものの巨大市場の中国、アメリカでの劣勢はある意味で致命的である。
 また日本の軽自動車市場でのシェアはスズキ、ダイハツ、ホンダに次ぐ第4位で、ダイハツの半分以下のシェアのため、収益性は相当に厳しいはずだ。
 日産と組むことで軽自動車のカテゴリーでホンダを抜いて第3位になり、工場稼動もアップするし、開発費の負担も少なくなる。
 日産にとっても、来年からダイハツOEMの軽自動車販売を行うトヨタと対抗すること、より日産に適合した軽自動車をラインアップできること、新興国向けAセグメントカー開発にとっても有利な材料になるというぐあいで、双方に大きなメリットがあるわけだ。
 
 より大きな視点で見ると、日産/ルノーはダイムラーベンツと業務提携しているが、三菱が加わることで、4社連合はVWグループに追従できる規模を持つことになる。
 また、今回の業務協力では触れられていないが、EVでの覇権を狙う日産にとって、三菱のEVと連携を持つことにより得られるより大きなスケールメリットは魅力だろう。三菱は単独でEVを展開するのは厳しいため、この面でも双方にメリットがあるはずで、EVの展開も今後は注視したい。

コメント

非公開コメント

御返事、有難うございます

 皆さん、今晩は。TASGさん、御返事有難うございます。

>現在でもパトロールの名称で輸出用は生産されていますが
>パジェロOEMがまとまれば生産中止ではないかと考えています。

 パトロールとパジェロを比べてみました。
 パトロールのエンジンはV型8気筒、排気量が約5.6リットル、パジェロのエンジンは最大でV型6気筒、排気量は最大で3.8リットルというように、両者は大きさがやや異なります。いわば、パトロールはFセグメント、パジェロはEセグメントで、いわゆる車格が異なるということも言えるかもしれません。

 三菱から供給されるSUVが現行パジェロなら、日産はパトロールの下に位置するSUVをパジェロのOEMとするのでしょう。もし、パトロールを生産中止にするとしたら、三菱がFセグメントのヘビーデューティーSUVを改めて開発するのか、次期パジェロをFセグメントに発展させるのかのどちらかでしょう。

 SUVの件は日産・三菱提携の中では小さな部分の一つにすぎませんが、ヘビーデューティーSUVは技術の粋を集めた車だけに、少し気になります。

Re: パトロールがあるのでは?

>  日産は、中東向けにパトロール(かつてのサファリ)という、パジェロ顔負けのヘビーデューティSUVがあるはずです。

確かに現在でもパトロールの名称で輸出用は生産されていますが、不採算で中止したいというのが本音ではないかと思います。

ですから、パジェロOEMがまとまれば生産中止ではないかと考えています。

>  日産が三菱から四輪駆動技術の供与を受けるというのなら、スタンバイ四駆至上主義の呪縛のある
> 日産にとって大きな利点にありますが。

技術供与の関係にまで発展するかどうか現時点でははまだわかりません。ただ、相互に技術供与もあれば面白くはなると思います。

パトロールがあるのでは?

 皆さん、今晩は。

>>・中東市場用に三菱のSUVを日産に供給。
>中東市場向けSUVとはパジェロを意味するのではないだろうか。日産はヘビーデューティSUVを持っていないので、これは好都合だ。

 日産は、中東向けにパトロール(かつてのサファリ)という、パジェロ顔負けのヘビーデューティSUVがあるはずです。
 この合意内容は、パトロールの生産中止ということなのでしょう。
 もしパトロールが消えるというのなら、本格的なSUVがまた一つ消えてしまうことになります。
 日産は商用車の開発・生産を縮小するつもりはないようなので(ヘビーデューティーSUVはプラットフォームを小型トラックと共用するので、開発を続けても日産に特に負担にならないはずです。)、ヘビーデューティーSUVからの撤退は、意外という以上に謎でさえあります。

 日産が三菱から四輪駆動技術の供与を受けるというのなら、スタンバイ四駆至上主義の呪縛のある
日産にとって大きな利点にありますが。
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。