スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバルの新2.5Lエンジン、フォレスター2011年モデルに搭載

 アメリカで今秋に発売されるフォレスター2011年モデルに、新開発の水平対向4気筒2.5Lエンジンが搭載される。北米向けのフォレスターは従来から2.5Lエンジンが搭載され、ターボ仕様と自然吸気仕様の2種類がラインアップされているが、2011モデルイヤーから自然吸気仕様の2.5Lエンジンが一新されたのだ。
 従来北米用フォレスターに搭載された2.5L自然吸気エンジンは、日本市場ではレガシィに採用されている仕様と同じで、SOHC・16バルブで可変吸気システムを装備。排気量は2457cc(99.5×79.0mm)。圧縮比10.0のレギュラーガソリン・タイプで、170ps/5600回転、229Nm/4000回転を発生した。
 上級モデル用のターボ版とは異なり、燃費経済性、低中速特性を重視したベースエンジンという位置付けだ。

old.jpg
↑従来型SOHC・2.5L

new.jpg
↑新エンジンのベースと思われる3.6L
 
 新開発された2.5Lエンジンも、もちろんベースエンジンというポジションには変更はなく、より燃費と低速トルクを強化したアップグレード版といえる。
 新エンジンの排気量は2498ccとなり、ボア・ストロークは変更されていることを意味する。現時点で、正確なボア・ストロークは不明だが、従来の79mmストロークから91mmストロークに変更されていると推測できる。
 エンジン機構は、従来のベルト駆動SOHC/16バルブからチェーン駆動DOHC/16バルブに変更されている。出力は従来と同じ170psだが、最大トルクは236Nm/4100回転にアップ。
 また燃費はEUモードで9.0L/100kmから8.7L/100kmに、EPAシティ燃費では20mpg(MT)/21mpg(AT)、ハイウェイ燃費は27mgpと従来より向上しているという。
 
 残念ながら現時点ではエンジン本体の画像は入手できていないが、ベースになっているのはレガシィ・アウトバックに搭載されている3.6Lの水平対向6気筒を4気筒に手直ししたものと考えられる。この6気筒エンジンは圧縮比10.5で、レギュラーガソリンを使用しており、ボア・ストロークは92.0×91.0mmというロングストロークエンジンなのだ。この4気筒版と考えれば、わずかにボアアップすれば2498ccとなると考えるのが妥当だ。
 
 アメリカにおけるフォレスターは2009年にモータートレンド誌でベストSUVに選ばれたほか、IIHS(高速道路安全保険研究所)での衝突安全テストでベストの成績を記録。市場での評価も高く、何と販売台数は35%もアップしているという。なおアメリカでは直4エンジンはチープなエンジンとされ、V型が優位性を持つ風潮があるが、水平対向エンジンはV型の仲間とみなされ、直4エンジンよりは優位に立っているそうだ。
 このような背景もあって、新ベースエンジンが北米のフォレスターに最優先で搭載されたのだろう。もちろんこの新エンジンは順次搭載車種を拡大し、日本市場には来年初夏あたりに登場すると考えられる。


↑コンシューマーリポートによる2011年型フォレスター紹介

コメント

非公開コメント

Re: ボア・ストローク

コメントありがとうございます。
確かにEZ36ベースで考えるとボア間肉厚はぎりぎりです。
その意味で、91mm以上にストロークアップしていることも考えられますね。

詳細発表が楽しみです。

ボア・ストローク

EZ36ベースの92.0×91.0mmと言うことですが、そうしますとEZのボアピッチからしてボア間の厚みが5mm少々となりちょっと無理があるのではないでしょうか?
ボアを92mmのままEE20にならってシリンダブロック幅を広げストロークを94mmにした方が自然かと思います。(ディーゼルよりシリンダヘッド側に高さが必要では?って疑問はありますが・・)

コンロッドを縮めたEZ36は好みではないので嫌だと言う個人的な思いも有ります、失礼しました。

Re: No title

コメントありがとうございます。
> 平べったいですね やはり。  オイルパンがこぶの様に不自然ですが

昔から水平対向エンジンにはこのオイルパンが邪魔といわれていました、やっぱりポルシェのように
いずれはドライサンプにすると思います。むろんスバルもわかってはいるのですが、やっぱりコスト
ですかね。

> RVしか作らないなんて もったいないと思います
スバルの場合は、水平対向エンジンは、全車に展開します。

> FT86なんかよりボクスターの様なしかも軽量なスポーツカーをぜひ開発して欲しいと思いますね

本当にそう思います。

> 北米しか見ていないと肝心な事が見えなくなる気がします HONDAと同様に
この点も同感です。販売比率が高いため、どうしても北米依存、北米重視に走り勝ちですが、それだけでは
やはり問題を抱えてしまいますね。

No title

平べったいですね やはり。  オイルパンがこぶの様に不自然ですが
こんなエンジンだと レイアウトの可能性がとても広がるでしょうに
RVしか作らないなんて もったいないと思います
FT86なんかよりボクスターの様なしかも軽量なスポーツカーをぜひ開発して欲しいと思いますね
今時DOHCは必須条件ではないはずです 過給エンジンの技術もあるのですから
北米しか見ていないと肝心な事が見えなくなる気がします HONDAと同様に
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。