スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産の新プリクラッシュブレーキなど新技術を発表

 7月28日、日産がスバルに続いて追突回避、プリクラッシュブレーキの技術発表を行った。日産は従来からレーザーレーダーを使用したプリクラッシュシステム、アダプティブクルーズコントロールを採用していたが、クルーズコントロールは従来は5km/h~100km/hの範囲での設定であった。しかし、規制の変更に伴い、0km/h~100km/hの全車速追従が可能になり、自動停止も行うことができるようになった。またナビ協調制御も行われ、ナビの地図データでカーブをを先読みして自動減速した後、設定車速に復帰する機能も備えている。

100728-01-01.jpg

 新たに発表されたプリクラッシュブレーキは自動ブレーキ&停止が実現された。日産はレーザーレーダーを使用して、先行車、障害物を認識し、車間距離が縮まると警告表示と警告音とともに、アクセルペダルを自動的に押し戻し、緩やかなブレーキをかけることでドライバーに安全な回避操作を行えるよう支援することが第一の特徴だ。
 なお、このシステムでは60km/h以下の車速で作動するようになっている。言い換えれば緩やかなブレーキとアクセルペダルの押し戻しを伴う1次ブレーキに時間を長めに設定しているようである。
 ドライバーが警報、緩やかな自動ブレーキでの状態でもブレーキを踏まず、追突の危険が迫っていると判断されると、さらに強い警報と同時に自動的に強い自動ブレーキをかける。この時にはシートベルトを巻き上げ、たるみを減少させることで、乗員の拘束性も高めるなど、プリクラッシュ制御が行われる。
 先行車、障害物との速度差が30km/h以下であれば衝突を回避できるのは、他車と同じである。
 このプリクラッシュブレーキは、今秋発売されるフーガに採用される予定だと思われる。
 
 またこのプリクラッシュブレーキとは別に、7月26日に移動物検知(MOD: Moving Object Detection)機能を開発したと発表した。これはすでに発売されているクルマの全周を視認できるアラウンドビューモニターを利用し、停車中や発進・低速走行時に自車の周辺に歩行者などの移動物があると、ディスプレイ上の表示とブザーでドライバーに警告するシステムだ。
 例えば駐車スペースからの発進時や、左右の見通しの悪い交差点への進入時にドライバーの視界で見落とした歩行者や自転車の接近を警報し事故を防ぐことが期待できる。このMOD機能は新たなセンサーはなしで、画像認識技術により実現しているという。

te_100726-02-04_Low.jpg

コメント

非公開コメント

Re: No title

コメントありがとうございます。
2006年のSIクルーズコントロールは、確かに全車速追従(ほぼ0km/hから・・・という表現ですが)とされていましたが、レーザーレーダーを使用したタイプでステレオカメラは廃止したいわば簡易型でした。またこの時点ではスロットルの加減速やシフトチェンジをメインにし、ブレーキは0.4g以下なので前走車が急減速した場合や障害物に対して衝突を回避するのは難しいと思います。
規制の改正は昨年の秋頃から検討され今年初めに決定されたようです。もちろんこれは国際的な取り決めと思われます。
その適用の第1号がボルボXC60です。
今回の特徴は、他車と異なりレーダーを使用せず、ステレオカメラのみで制御していることと、差し迫ったタイミングで急ブレーキをかけられる正確性と思います。また障害物の識別能力がレーダーより優れていると思われます。

No title

全車速クルーズコントロールや自動停止も2006年発売のレガシィD型追加仕様のSIクルーズリミデットから採用されていると思います。もちろん2008年初発売のF型のアイサイトも同様です。

既に4年前に実現されていることですから全く新しくないようにも思えるのですが。規制の改正というのはいつの話でしょうか?
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。