スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ・プレマシー概観

 7月1日、マツダ小型ミニバン、3代目プレマシーが発表された。
 プレマシーはミニバンではあるがワゴンの要素も加えた多目的新ファミリーカーという位置付けで、開発のキーワードは、魅了するデザイン、考え抜かれた機能性、環境への優しさ、上質で気持ちよい走りの4点である。

ex03.jpg
 
 プラットフォームはフォードC1をベースとする。
 プレマシーは海外ではマツダ5の名称を持ち、アクセラ(マツダ3)につぐ戦略車種である。日本向けはVD型2.0Lエンジンのみだが、海外では1.8L、2.0L、2.3Lのガソリン、2.0Lディーゼルというラインアップだ。
 トランスミッションは、日本向けは5速ATのみ。駆動方式はFFがメインで、8月には4WDモデルも追加される。
 VD型エンジンは、直噴DOHCエンジンで、最廉価版以外はアイドルストップ機構を装備する。アイドルストップ機構装備車は、アクセラ、ビアンテに続いて3番目となる。なお、販売動向によればアクセラで約30%、ビアンテは47%がアイドルストップ装備車だという。
 新型プレマシーのボディサイズは、全長4585mm、全幅1750mm、全高1615mm、ホイルベース2565mm。3列シートを備えた7名(2/3/2)乗車だが、2列目シートは実質は2名乗車が現実的だ。

body_02.jpg
 
 燃費向上、特に実用燃費をアップするアイドリングストップは、エンジン停止時に所定の位置にピストンを停止させる専用エンジン制御とメインとサブの2個のバッテリーを装備する。なおバッテリーは充電制御システムが装備され、バッテリーの充電状態が良好であれば加速時は発電/充電しない。

bteri.jpg

 マツダのロードマップでは、次のステップとしてブレーキ電気回生に進むとしている。
 エンジン出力は150ps、186Nm。可変バルブタイミング機構を装備する。

eg03.jpg

 ボディは、フロント・ドア、サイド両側スライドドア(両側電動、または左側電動はオプション)、バックドアを持つ。
 なおプロポーションは、空力を意識したもので、特にルーフはミニバンとしては異例なほど後方に向かってスロープダウンしている。またボンネットや床下の空力処理も入念で、cd=0.30の実現は立派だ。この空力重視からもプレマシーはヨーロッパ市場を強く意識していることがわかる。

earos.jpg

 なお、シャシーやステアリング、ブレーキなどのコンポーネンツはヨーロッパ・フォード製で、パワーステアは電動油圧式だ。

fsus_01.jpg
rsus7_02.jpg

 
 走りの開発テーマは統一感のあるリニアなドライビングフィールの追及で、つまりアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作に対応して、ロールやピッチをリニアに反応させ、エンジンやブレーキもドライバーの意志にリニアに応答するように心がけたという。

runs.jpg

 ミニバンは、ロール速度が不均一だったり、ステアリングの応答遅れなど顕著だったりするケースが多いが、欧州試乗からの指摘もあってこうした基本性能の熟成を重視したのだろう。また、先代プレマシーは、走りを強調するあまり、ステアリングのゲインを高めたりしたことも反省点のひとつになったようだ。今回のリニアリティ重視のチューニングにより走りの質感を高めたわけである。
 インテリアの機能性は、両側スライドドアやシートアレンジ、収納スペースの充実など相当に煮詰められているが、インテリアの質感はやや不十分というレベルだ。
 このあたりはターゲット価格を160万円前後とするしわ寄せといえる。
 
 新型プレマシーのハイライトのひとつは「NAGAREN(流れ)」デザインを本格採用したことだろう。NAGAREデザインは、マツダのデザイン表現として決定され、すでにアクセラなどにも採用されているが、全面的な採用はプレマシーが最初となるのだ。

desain.jpg

 フォード・ヨーロッパからマツダのデザイン部長になったバン・デン・アッカー氏が自然の中の風や水の流れをモチーフにした個性的な「NAGARE」デザインを確立・推進した。なお2009年春にバン・デン・アッカー氏はマツダを離れ、現在はルノーのコーポレートデザイン担当・副社長。
 5角形の大きな笑う顔付きのフロントグリルなどマツダのアイデンティティを取り入れながら、プレマシー全体を水の塊とし、前端からリヤエンドまで水の流れを表現。サイドマーカーは川の中に突き出した石を表現し、石によって流れの波紋が広がりボディサイドのプレスラインとなり、リヤのコンビランプまでつながっている。
 ミニバンはボディの全体が平板になりやすいが、プレマシーはダイナミックで立体感を
重視したのだ。 
 このためボディサイドには大胆なインバースした複数のプレス加工が加えられている。
もちろん生産面でも、販売店での補修面でも新たな挑戦だったと思われるが、補修面では従来基準に収められたという。
 日本では多少微妙なところもあるが、欧州市場ではこれくらいの存在感が求められているに違いない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。