スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトロエンDS3

DS3_scket69.jpg

 シトロエンDS3は、2009年ジュネーブショーに出展されたコンセプトカー、「DSインサイド」を量産化したモデルだ。戦後シトロエンの名声を高めたのは2CVとDSであるが、そのビッグネームのDSを継承したことは特筆に価する。
 ただ、昔のDSは大型サルーンだったが、今回登場したDS3はコンパクト・スペシャリティといったイメージで、まさにBMW・MINIに対抗するモデルだ。シトロエンは、今後DS4、DS5などもラインアップする計画で、DSは革新のイメージを持つブランドにするつもりと見られる。
 DS3はC3と共通のプラットフォームを持つが、ボディは3ドアハッチバックで、全高も1455mmと、C3とは異なるプロポーションを備えている。DS3は5人乗りとされ、リヤの足元のスペースはじゅうぶん確保されているが、C3よりルーフが低い。

DS3_white13.jpg

 競合するBMW・MINIよりボディサイズは少し大きく、その分だけ室内の余裕を生み出している。MINIだけではなく、最近はフィアット500、MITOなど古い車名とデザイン・イメージを採用したレトロ・モダンのコンパクトカーが人気を得ているが、DS3はデザイン革新の本家らしく「アンチレトロ」がメインテーマだ。
 逆に言えばモダン(現代と近未来)のライフスタイルをテーマにしたプレミアムコンパクト・スペシャルティである。
 
 DS3は、ルーフ、ドアミラー、ホイールなどのエクステリアから、インスツルメントパネルなどインテリアパーツまで、多くのコンポーネントのカラーを自分の好みで自由に組み合わせて選べるビークル・バーソナリゼーション(フルチョイスシステム)を採用している。ボディカラーは5色、シート生地カラーは3種類など、異例な種類に設定。
 エクステリアはダイナミックさとクーペのようなパーソナル感を強調。インテリアは異例なほど高く、しかも斬新な質感、仕上げになっている。
 オプションでレザーシートも装備できる。

DS3_0seat51.jpg

 なおエンジンは、C3と同じ1.6LのNA+4ATの組み合わせ以外に、受注生産の1.6Lターボ+6MT(グレード名はDS3スポーツ・シック)も設定されている。当然ながらこのターボエンジンも共同開発版で、つまりMINIと同じユニット。直噴+ツインスクロールターボで、圧縮比はNAとまったく同じ10.5。そして最大トルクは1400回転~3500回転をカバーし、きわめて強力な低中速が得られる。
 DS3はクラスレスのプレミアム・コンパクトをターゲットにしているが、若々しさ、革新性といった面でライバルを大きく凌駕している。その一方で価格も戦略的で、強いインパクトを持っている。

シトロエンDS3 公式サイト


<主要諸元>
全長×全幅×全高:3965mm×1715mm×1455mm ホイールベース:2455mm
車両重量:1190kg(ターボ)/1180kg(NA)
エンジン:1.6L直列4気筒DOHCターボ 最高出力:115kW(156ps)/6000rpm 
最大トルク:240Nm(24.5kgm)/1400~3500rpm
トランスミッション:6速MT
10・15モード燃費=13.7km/L(ターボ)/12.5km/L(NA)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。