スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃費

Co2削減といったテーマを抱えているので、エンジンもフリクション低減を徹底して行うようになってきている。ピストンなどは今やF1用のそれと形状は同じようだ。

トヨタはハイメカツインカム以来、直動式バルブ駆動だったが、今ではローラーロッカーアーム式に変えつつある。
スロットルレス機構も順次拡大していくだろう。

ホンダのピストンリング厚は1.0㎜だそうだ。メインメタルはモリブデンショットメタルまで登場している。
大量EGRを使用する。当然、燃えにくくなるので、点火プラグも中心電極、接地電極ともに針形状にする。

燃費表示も、今までの10・15モードからJC08モード燃費に切り替わる。冷間始動から加減速多用などが取り入れられるので、実用燃費に近いといわれる。ということで、エンジン本体の低フリクション化は一段と加速するだろう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。