スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86雑感

 AE86型と呼ばれるレビン/トレノは、モデルライフより遥か後になってスポーツモデルと認定され、自動車雑誌でも「AE86」などと表記されるようになった不思議なクルマである。そして、現在はスポーツモデルをまったくラインアップしていないトヨタが、来年に初内を予定するスポーツクーペのコンセプトカーにFT86と命名しているのは、AE86型モデルを大いに意識していることをうかがわせる。
 
 しかし、当時の状況ではAE86はある程度のスポーツイメージは備えていたが、スポーツモデルであったというわけではない。筆者は最初期型のAE86、レビンGT-APEXを所有していた経験があるが、当時のイメージ的にはスモールサイズのラグジュアリー&GTといったものだった。
 
 そもそも、メイン機種であるカローラが5代目、1983年にFRからFFモデルに変更されたが、カローラ・シリーズのクーペ、レビン/トレノは従来型のFRプラットフォームを採用しAE86型としてデビューした。あたかもスポーツ性を重視してFRとされたような俗説が流されているが、このよううな2本立てのシャシーになった理由はトヨタの社内的な要因だ。
 
 レビン/トレノは2代目カローラの時代に、FRP製の追加オーバーフェンダーを装着し、上級車用の2T-G型の1.6L/DOHCエンジンを搭載したTE27型が元祖だ。この時代は、ツーリングカーレース、WRC、国内ラリーを視野に入れたスーパースポーツモデルで、トヨタのワークスチームが全日本ラリーに参加している。
 2代目は1974年に登場したが、初代ほどスポーツ性は重視されなかったことや、当時の排ガス規制に設計年次の古い2TG型が適合できなかったため、75年の秋には生産中止となった。そして77年に酸化触媒、EFIを装備して再登場している。
 3代目は1979年に登場したTE71型である。しかしながらこの時期には2T-G型エンジンは古いタイプになっており、スポーツモデルとしての評価はかなり低くなっていた。
 4代目に相当するAE86型は、GTモデルには新設計の4AG型(1.6L)を搭載、標準モデルはカローラ・シリーズと共通の3AU型(1.3L)を搭載した。
 4AG型は、カローラ用の3AU型(SOHC)をボアアップしDOHCとしたエンジンで、DOHC化はもちろん出力をアップする目的はあり、後にスポーツツインカムと称された。しかし技術的にはその後に展開されるハイメカ・ツインカムの先駆エンジンであったともいえる。
 排ガス性能、燃費、低中速トルク重視を狙ったハイメカツインカムの正式な登場は1986年の3S-FE型であり、6代目カローラ(1987年)の搭載エンジンは5A-FE型などハイメカツインカムを採用した。
 4AG型はグロス表示で130ps(現在のネット表示では110psていど)で、EFIを装備。巷間では高回転エンジンと称されているが、実際には最高出力回転である6600回転付近では振動も大きく7000回転は苦しかったので、高回転型というほどではなかった。
 つまりスポーツツインカムというほど高性能ではなかったが、その後、世界標準ともなるハイメカツインカム(直動式バルブ駆動、、充填効率の向上、狭角バルブ挟み角、コンパクト・ペントルーフ型燃焼室による急速燃焼)の原型となる役割を果たした。
 
 AE86型の最上級モデルであるGT-APEXはパワーステア、パワーウインドウなど上級クラス並みの装備に加え、デジタル・スピードメーターなど上級車をしのぐ装備や、自動可変ラジエーターグリルなどのギミック(レビンのみ)まで備えていたことからも、当時の人気最上級モデルであったソアラのイメージに近づけたミニ・ソアラだったといえる。
 サスペンションは、フロントがストラット、リヤは5リンク式リジッド・アクスルで、初期型は急発進するとワインド・アップ現象を発生し、アクスルが跳ねてグリップを失った。
 この時代はすでに小型車でもリヤ・ストラット式サスペンションが流行していたが、トヨタはなぜか保守的であった。

 もっともメインのカローラのFF化も時代の流れからいえば遅かった。トヨタはFF化にあたっても相当に逡巡している。トヨタのFF化は1978年のターセル/コルサに始まるが、このモデルは縦置きエンジン、縦置きミッションの2階建て方式を採用するなど迷走が見られたのだ。
 
 AE86型レビン/トレノは、車両コンセプトとしてはスペシャルティカーであり、スポーティさとGTカー的な要素を備えており、動力性能は本流カローラより優れていたが、エンジン、インテリアの装備以外は突出した性能を持っていたわけではない。またAE86型が販売されていた当時は、ずばぬけたスポーツイメージがあったわけではなく、AE86型が生産を終了した後に、人気が高まるという奇妙なモデルであった。
 
 コンセプトカーのFT86型は、FRスポーツクーペとされている。実質的な設計、開発はスバルが行い、したがってプラットフォームやシャシー、パワーユニットはスバル製となる。
エンジンは2.0Lの水平対向4気筒で、NA版とターボ仕様がラインアップされる予定。
 NA版で200ps、ターボ版で250psていどの出力と考えられる。
 ボディ・デザインはトヨタだろう。また製品企画の責任者はトヨタのエンジニアであり、したがってトヨタがスバルに開発を発注委託するという形であるが、トヨタがダイハツ、トヨタ車体、自動織機、、関東自動車、日野に発注するのとはいささか趣が異なり、企業文化がまったく異なるスバルとの協業はどのようになるのか。
 サスペンションはフロントがストラット式、リヤはマルチリンク式。FR用のトランスミッションはアイシン製と予想される。リヤ・デフはマークXサイズか。
 大きな問題は、トヨタ社長の唱える「トヨタの走り味」をどう熟成するか、だろう。もちろんスバルの走りとは区別しなければならないはずだが、この点こそがこのプロジェクトの成否を決めかねないと思われる。猛一つは、今の時代で2ドアクーペ、2+2パッケージでどれだけ販売的に成立するか。
 けっきょく、北米でのセクレタリーカー(OL用のちょい乗りパーソナルカー)にしかならないのではないか? 本当にスポーツカーであり続けることができるか? 
 この点は、まだまだ見えてこない。

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> さて2T-Gですが、ノーマルは1.6Lでしたよね。
大変失礼しました。1.6Lですので訂正させていただきました。

> 2Lですと、2T-G改と呼ばれてたそれでしょうか。F3でも一大勢力で、ラルトシャーシ+2T-G改が国内常勝パッケージなんて時代もありました。昔話ですね。(笑)

ラルト! 懐かしいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。