スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ・カーボディ大賞2009

 恒例の、オートモーティブ・サークル・インターナショナルによる「カーボディ大賞2009」の選考が行われ、2009年の1位は、ダイムラーベンツのEクラスのボディとなった。
car_body_presentations45.jpg

 なおこのユーロ・カーボディ選考会は10月19日~22日までドイツのバトナウヒムで開催され、各メーカーの最新のモデルのプレゼンテーションが開発担当エンジニアによって行われ、ディスカッションも行われている。アウディからはワールドプレミア・モデル用の、つまり未発表のクルマのボディのプレゼンテーションも行われたのが注目されるが、それは当然公表されていない。おそらくこれはA1ではないかと思われる。
 このボディ大賞(正確にはカーボディ・ベンチマーク)の選考は:
・Innovative material development and application
・Innovative development and design concepts
・Innovative process, production and plant concepts
・Customer Value
・Comprehensive and engineering-oriented lecture and presentation
 という、5項目で各10点以内で投票するシステムで、さすがに専門家同士の投票であることがわかる。
 
 1位になったのはダイムラーベンツのEクラスだ。ジャガーXJとはほんのわずかな点差であった。
 ボディ重量は492kg、ねじり剛性は29,920 Nm/°だそうだ。デザインは、かつてのメルセデスの面影を取り入れた。特に評価されたのは、安全コンセプト、快適性、運動性能の向上を巧みにバランスさせた点だという。
car_body8.jpg
car_body21.jpg
car_body23.jpg

 2位はジャガー/ランドローバー社のジャガーXJだ。このボディは、Eクラスが高張力鋼を大幅に使用したスチールボディであるのに対して、XJはアルミパネル、アルミ引き抜き材、アルミ鋳造材を多用したアルミ重視ボディであるのが特徴で、ボディ重量は324kgとさすがに軽い。アルミ使用比率は80%に達するのだ。このため、材料コンセプトの点数ではEクラスを上回っている。このアルミボディは、パンチリベットと接着結合を多用しているのが特徴だ。
 3位はアウディR8スパイダーである。もちろんこのスポーツカーもアルミボディであり、材料コンセプトではジャガーXJに続いて2位、デザイン・開発コンセプト項目ではアウディがトップの点数であった。アウディのアルミ・スペースフレームボディはR8が218kgだが、このスパイダーは261kgである。そしてSMC樹脂、CRPをあわせて採用している。
75.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。