スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリウス狂想症候群

 案の定というべきか、トヨタ・プリウスはすでに20万台近い受注状況とか。これはもうプリウスというクルマがどうとか言う以前の社会的なブームなんだろう。もちろんプリウスだけでなくホンダ・インサイトもホンダの販売の牽引役を果たしている。つまりハイブリッドというシステムが、一般的に認知され、そのイメージと、政府が主導したスクラップ・インセンティブ、エコカー減税+補助によって購買意欲が盛り上がっていることも大きな要因になっている。
 プリウスが、従来の普通の新型車の予約・受注・販売ははるかに突出しているのは、今回の新型からトヨタの全販売チャンネル、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店で販売を開始したことも大きな理由だろう。販売上、有利な車種を全チャンネルに流すことで、チャンネルごとに激しいプリウス販売競争が行われていることだろう。赤字を計上したトヨタ自工の苦境を救済する忠誠心競争のようなトヨタならではの側面もあると思う。

 従来のプリウスは、燃費マニア層、社会動向に敏感なインテリ層が主な顧客であったいわれるが現在はもはや普通の人が購入に走っていると思われるが、その中心はカローラやマークXを購入していた層ではないのだろうか?
 ただ、いずれにしてもプリウスはもちろん、インサイト、アクセラなどいずれも新型車を購入した人は、ダッシュボードのディスプレー上で樹を育てることを目標に、ECOモードで走ることが常態化するような気がする。
 プリウスに至っては満タンで1600㎞以上、つまり40㎞/Lといった燃費で走行も可能なのだが、最近はこうした超燃費走行を試みることが新たなドライビングプレジャーだという人まで登場している。
 しかし、本当にそうなのか? 視野狭窄ではないのか?
 面白いことにプリウスの試乗レポートを読むと、モーターが生み出すトルクが強力なこと、想像以上に強力な加速が得られる…などはしっかりと記述されているが、ハンドリング、乗り心地、快適性などに割かれるスペースは少なく、2代目よりステアリングがしっかりしているとか、17インチタイヤ装備車は少し乗り心地が固いとか、ブレーキのフィーリングはやはりまだ違和感が残るなどが散見できるていどである。もっとも受注台数の10万台程度は、注文した人は実際に試乗せずに予約したそうだから、ドライブ・フィーリングはあまり問題ではないともいえるかもしれない。
 ただ、単純に移動手段のツールと割り切ったとしても、長距離ドライブでどう感じるかなどは無視できないと思うのだが、今のところ特段の注意が払われているとは思えない。
 従来型プリウスはアメリカの都市部では一定の評価を得たが、ヨーロッパでは特筆すべき存在ではなかった。新型プリウスは、動力性能を高めることでヨーロッパでイメージアップをはかることが大きな目的にひとつだが、果たして現地の評価はどうなるのであろうか?

 カーサイトで行われている「e燃費」(全国の奇特なユーザーが報告する燃費データベース)では、今のところ旧型インサイトが依然としてトップで25.2㎞/L、2位が軽自動車のスズキ・ツインで24.1㎞/L、3位が新型プリウスで22.6㎞/L、現行のインサイトは16位で19.7㎞/L。最近は総じて軽自動車勢が20㎞/Lを軒並み凌駕している。
 ただ、このwebでのデータは、メーカーとしてホンダ、トヨタ、軽自動車に集中しており、日産やマツダ、三菱などのクルマがほとんど顔を出さず、かなりデータ収集の偏りがあることをうかがわせ、100%鵜呑みにはできないと思う。
 数年前まではヨーロッパが燃費、CO2排出量に関する社会的な関心が最も深く、アメリカや日本では平均的なユーザー層は燃費マインドが高いとはいえなかった。初代プリウスに熱中するような燃費マニアは少数派であったが、現在のブームで日本人の自動車オーナー層の嗜好、心理は大きく変化したのだろうか? まだ判断はできないと思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。