スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン・オブザイヤー2009

 恒例ともいえる「エンジン・オブザイヤー2009」が発表された。
 VWの1.4TSI、つまりツインチャージャーが、インターナショナル・エンジン・オブザイヤー 2009の大賞、グリーン・エンジン・オブザイヤー 2009、1.0L~1.4Lクラス・ベストエンジンという3冠を獲得した。

00002389_s.jpg

 VW社のエンジン開発責任者であるリューディガー・チェンゲル博士は受賞に際して、「ガソリンエンジンをダウンサイジングし、直噴技術、過給器を組み合わせることによって、排出ガスを減らして燃費を向上させながら、並外れた高出力と大トルクを生み出すことができました。TSIエンジンは、まず小排気量エンジンであることで、摩擦抵抗が少なく、静粛性にも優れています。過給により低回転域から高いトルクを生み出すことで、ギヤ比を高めに設定することができ、一方直噴は、過給圧を上げても圧縮比を高くできるため、燃焼効率の向上が実現します。また高出力域でも混合気を冷却するための余分な燃料を噴射する必要がなく、従来の過給ガソリンエンジンと比較して、より燃料を節約することができるのです。TSIテクノロジーでの今回の大賞受賞は、TSIエンジンが世界中の多くの国で販売されるようになったことによるものです。今後他のメーカーも追随してくるでしょうが、我々はこの技術的リードを保ち続けることを固く決意しています」と語っている。
 このコメントで、高負荷域でも燃料冷却をしていないといっているが本当なのか?! そのための鋳鉄ブロックなのか? 詳細が知りたいところである。

 また各賞の結果詳細は次の通り。
 
○インターナショナル・エンジン・オブザイヤー2009:VW 1.4L TSI
○ベスト・ニューエンジン・オブザイヤー:ポルシェ3.8L・6気筒
Porsche5.jpg

○グリーン・エンジン・オブザイヤー:VW 1.4L TSI
○ベスト・パフォーマンス・エンジン:メルセデスAMG 6.2L
-------------------------------------------------------------
○1.0L以下クラス:トヨタ993cc 3気筒(アイゴ用)
○1.0~1.4Lクラス:VW 1.4L TSI
○1.4~1.8Lクラス:BMW-PSA 1.6 Lターボ
mini.jpg

○1.8~2.0Lクラス:アウディ2.0L TFSI
○2.0~2.5Lクラス:メルセデス ディーゼル2.1L
○2.5~3.0Lクラス:BMW 3.0 L DIツインターボ
L6twin3.jpg

○3.0~4.0Lクラス:BMW 4.0L V8
V8.jpg

○4.0L以上クラス:メルセデスAMG 6.2L

 ところで、エンジン・オブザイヤーはイギリスの自動車技術出版社が主催するもので、11年の歴史がある。ただ審査・選考は世界32カ国・64名のジャーナリストによる投票なので、自動車メーカーのエンジニアが選ぶ「ボディ・オブザイヤー」とはかなり趣が違う。やっぱりドイツ・メーカーに集中してしまうのも止むを得ないところか。
 ちなみに日本代表は河村康彦、山口ジャック京一の2名だが、エンジンにそんなに詳しいのかな?

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。