スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の新車販売

 アメリカでは新車販売は1月に比べ2月はさらに悪化し前年同月比で45~50%にまで落ち込んでいる。新車販売台数は68万8909台。
 ちなみに中国の2月の新車販売台数は、この数字を上回っている。また、昨年秋の金融危機以来、新車の販売は前年同月比で30%あたりで推移してきたが、2月はついに40%といった水準に入ってきたのだ。まさに壊滅的な状態である。
 日本市場は2月は、前年同月比で32.4%の水準で、販売台数は21万8212台だ。
 ところがドイツでは2月の新車販売は、前年同月比(つまりバブル崩壊前)で22%アップの27万7800台だと言う。
 ドイツ政府は、1月から10年ものの旧式車をスクラップにし、新車に買い替えた場合に30万円の補助金を出す「スクラップ奨励金」制度を開始したことも販売を押し上げる要因になっていようだ。
 これによりVW社などは約20%の販売アップになっているそうだ。
 もともと一般的なドイツ人はクルマは10年程度乗るのが当たり前で、そう簡単に新車に買い換えたりしないのだが、30万円の奨励金は個人にとっては魅力なのだろう。したがって、この補助金で小型車を購入することになり、スズキ・スプラッシュ(ハンガリー)、ルーマニア製のダチア、チェコのシュコダなど低価格の東欧製を中心に大いにに売れているそうだ。小型・低価格の東欧製は急伸と見ていいと思う。
 一方、メルセデス、BMWは約25%ダウン、アウディはほぼ横ばいと、プレミアム組は苦戦している。

 なお、ヨーロッパではドイツに続き、フランス、オーストリアなど6カ国で、新車買い替え補助金制度を導入することになり、B~Cセグメントの小型車ブームが来る気配がある。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。