スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のタクシー事情

 タクシー業界で使用されているクルマは中型はトヨタ・クラウン(セダン)、セドリック・セダンなどで、小型のクラスはトヨタ・コンフォートの独占状態だ。コンフォートはLPガス専用の2.0LのDOHCエンジン、1TR-FPE型エンジンを搭載している。面白いことに10・15モード燃費は、今時9.8Km/Lである。パワーは116ps、最大トルクは19.3kgm。もちろんLPガスを使うのでパワーもトルクも出ないエンジンであるが、低速トルク型にチューニングしてある。トルクが弱いおかげか、クラッチは20万kmていどはもつ。
 古いデザイン、フロント・ストラット、リヤ・トレーリングリンク式リジッドアクスルという古典的なサスペンションなどを採用しているが、当然ながらクルマとしては最低限30万㎞以上の耐久性は備えている。車両価格は、本体価格で190万円弱といったところが相場らしい。
 このクルマは都内のタクシー営業走行で、実用燃費は約7㎞/Lくらいだといわれる。LP7ガスは94L搭載できるので、実用的な航続距離は590㎞ていどである。
 肝心のLPガスは、タクシー用LPGスタンドで70円/Lていどが相場だったので、満タンにして約6000円だ。
 ところが、昨年の夏はガソリン価格の異常な高騰と比例してLPガスの価格も106円程度と、30円以上の値上がりをしてしまい、タクシー業界もパニックになった。さすがに今年に入ってガス料金も落ち着き、70円/Lあたりにもどってる。
 しかし、昨年のガス価格高騰により、トヨタ・プリウスの導入、あるいは導入の検討が盛んに行われるようになった。トヨタは、プリウスのタクシー使用を歓迎しなかったようだが、導入例を見ると、都内営業走行で年間平均16㎞/Lと、コンフォートの2倍の燃費であった。燃料タンク容量は45Lで、航続距離は640㎞。満タンに要する費用は、レギュラーガスが110円/Lとして、4500円。つまり、燃料費に関しては、昨夏の異常な高価格でなくてもコンフォートより確実に安いのだ。昨夏の高騰相場の時の比較では、コンフォート=9000円、プリウス=5200円といったところになる。
 したがって、燃料代はプリウスはコンフォートより約30%安上がりになる。
 都内のタクシーで1日あたりの走行距離は平均で500㎞くらいだろう。走行距離の多い運転手で500km以上、上手に稼ぐドライバーで300kmといったところではないか。したがって、1日分の燃費=燃料代の持つ意味は大きい。
 コンフォートと比べればもちろん車両価格はプリウスの方が30%程度高いのだが、毎日の燃料代を考慮するとプリウスに軍配が上がると考えるタクシー会社が多いといわれる。
 プリウスは4ドアボディとはいえ、ボディフォルムやリヤドアのデザインがタクシーらしくないのが欠点とはいえるが、変速は無段階の自動であり、場所が限られているLPGスタンドではなく普通のガソリンスタンドが利用できるなど、運転手にはプリウスは好評のようだ。トヨタはタクシー車用の耐久試験を行っていない車種のため不安視したようだが、
すでに現実にタクシーでの30万Km走行で、バッテリーを含めて特に大きな問題は出ていないようだ。
 そう考えると、タクシーボディの高効率ハイブリッド車の存在価値はとても高いと思われる。もっともタクシー専用に新たにクルマを作ることはコスト的にとても無理なことなのだが。

コメント

非公開コメント

プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。