スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プジョー208

s1040493.jpg P1040502.jpg

 プジョー208が日本でもデビューした。例によってフランスでの生産が多くのグレードに一気には対応できないようで、散発的なモデル投入になる。
 ヨーロッパでは春頃から販売され、かなりヒットしているようだ。日本向けは11月から1.6L/4ATのプレミアムとシエロ、1.6ターボ/6MTのGTを発売。12月中頃には3気筒・1.2Lの新開発エンジン/5MTが投入され、来春には1.2L/EGSやアイドリングストップ付きが。秋には1.6ハイパワーターボのGTIが加わるという。

P1040487.jpg P1030975.jpg
    ↑1.6Lプリンス・エンジン                       ↑新開発の1.2L・3気筒エンジン

 208は100kgという軽量化、全長の短縮、そしてデザインが新たなプジョー・スタイルになって、まずはBセグメントで存在感を強めたデザインに目が行くが、インテリアを含めたプレミアム路線も挑戦的だ。
 ボディは高張力鋼板の多用、レーザー溶接の多用など、従来より2段階くらいレベルを上げている。VW up!のボディにも驚いたが、ドイツ組だけでなくフィアット・グループ、PSAグループなどの最新モデルはいずれもボディの革新は大幅で、このままでは国産車はどうなるのかちょっと心配だ。使用する鋼板材料だけでなく、製造法、プレス技術など多くの面で2世代以上差がついたように感じる。 特にアウターパネルのプレスでは今では韓国車にも抜かれてしまった・・・

 11月発売の機種は従来からの1.6Lプリンス・エンジンとGT以外はAL4の組み合わせのみだが・、これも結構熟成されている。エンジンの滑らかさ、振動の処理、エンジン・サウンドチューニングなどはハイレベルで、このクラスでも加速時にクルマの後方から乾いた排気音が聞こえるようにしてある。
 今まで評判の悪い4ATも、今回はよりダイレクトな制御に進化し、ドライバーの意志に適合させるアダプティブ制御も文句なしのレベルになった。さすがに100km/hが2800回転というのは燃費にはちょっとつらいが。 1.6L/4ATのの走りは活発で気持ちよい。細かな点では微低速時のアクセルのコントロール性も満点だった。

IMG_5952.jpg


 走りはプジョー渾身のチューニングで、爽快さ、軽さ、気持ちよさなどがドイツ車よりレベルが高くなった。電動パワーステアのチューニングはトップレベルだ。ステアリングの正確さ、高速時のセンターの手応えと締まり具合など同クラスのVWポロを上回っている。
 またコーナリングでの抜群の接地感も上級車以上だ。これらの点が長時間のドライブで疲労の少なさやドライバーの安心感のベースになると思う。 プジョーとしては従来の走り味を大幅にレベルアップさせ、ファンツードライブと快適さを両立させたと言っているが、本当にレベルが高くなったと思う。もちろんこれも合成の高いボディあってのことだろうが。


P1040640.jpg P1040501.jpg

 外装品質にも驚かされるが、内装の品質にもびっくりする。このあたりはフォルシア社とのコラボレーションの結果だろうが、プレミアムCセグメントを超える質感、仕上げだと感じられる。

 価格的は1.6プレミアムで216万円、12月に登場する1.2は199万円。装備内容を国産車と比較するとコストパフォーマンスが高い。逆に言うと今では日本車は実際には安くない、割高なんだな感じてしまう。

 
スポンサーサイト

ボルトが緩まないノルトロック・ワッシャー

 ノルトロックは従来からの「ウェッジロッキング機能」で振動などによるナットの回転緩みを防止するワッシャーの進化型で、非回転緩み、なじみ緩みをも抑制できる「Xシリーズ」を発表した。スウェーデンのノルトロック社は、緩み防止ワッシャー専門メーカーという特異なメーカーだ。

P1040772.jpg P1040774.jpg

 ノルトロック社は回転振動緩みを防止するウェッジロッキング機能を持つワッシャーを販売していることで有名だ。主として産業用、輸送機器などに採用されているが、クルマ関連ではSTIのスーパーGTに参戦しているBRZがターボマウント用に装用している。耐熱性の高いインコネル合金製のノルトロック・ワッシャーだ。ターボ周辺は高熱の上、高周波の振動を発生するため取り付けボルト/ナットの緩みを防止するためだ。

P1040783.jpg 
↑横向加振器による回転緩み実験。水色=スプリングワッシャー、ピンク=摩擦式ナット、ブルー=ダブルナットでは軸力が加振後5秒後には低下するが、赤線のノルトロックは軸力を維持している。

 これまでのウェッジロッキング機能を持つノルトロック・ワッシャーは、主としボルトの軸力を低下させるて回転緩みを防止するが、低硬度の素材、パッキン付きフランジなどを固定するボルト/ナットの場合は、回転緩み以外の非回転緩み、つまり素材の塑性変形などによる「なじみ」により締結ボルトの軸力が低下する現象が発生する。

P1040809.jpg 

 今回発売された「Xシリーズ」は、こうした非回転緩み、なじみ緩みにも対応しボルトの軸力低下を抑制するワッシャーである。基本構造は従来からの2重ワッシャーの接合面にウェッジ状のカムを持つ構造だが、2重ワッシャー自体が湾曲した緩やかな円錐状をになっており、その円錐形状でスプリング効果を発揮し、素材の「なじみ」による緩みを補完することでボルトの軸力の低下を抑えるという仕組みだ。

typeX principlel

ノルトロック・ワッシャーの使い方としては弾性域のトルク管理締め付け適合で、塑性域締め付け角度法には適合しないとされている。

 
プロフィール

TASG

Author:TASG
Mail:songben.haru@gmail.com

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メモリーの格安通販
秋葉原の「上海問屋」
PC関連パーツ COREGA DIRECT
COREGA
日本HPのオンラインストア 
日本ヒューレットパッカード
雑誌 MOOK通販 Fujisan.co.jp
カーシェアリング
三井のカーシェア|カレコ・カーシェアリングクラブ
FC2レンタルサーバーLite
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

核心を追求する CAR サイト
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。